英語で「行く」を表す「I'm off」の意味と3つの使い方

 

 

I'm off の意味と使い方

 

I'm off」の意味は「行ってきます」や「行く」です。

 

そこから、3つの使い方が生まれます。

 

I'm off の使い方

 

・「I’m off.」は日本語の「行ってきます」や「もう行きます

 

・「I’m off to 場所」で「~に行ってくる

 

・「I’m off to do」で「~しに行ってくる

 

 

次は例文と合わせて使い方を1つずつ見ていきます。

 

「I’m off.」で「行ってきます」を表す

 

I’m off.」は日本語で言うと、出かける際の「行ってきます」や「もう行きます(出ます)」に相当する表現です。

 

複数人で家やその場から出る場合は「We're off.」になります。

 

 

逆に「いってらっしゃい」は「See you later.」や「Have a nice day.」で表現できます。

 

「I’m off to 場所」で「~へ行く」

 

行く場所を具体的に示したい場合は「I'm off to 場所」の形になります。

 

例文

 

I'm off to the convenience store.

 

→コンビニに行ってきます。

 

 

I'm off to work.

 

→仕事に行ってきます。

 

 

I'm off to lunch.

 

→お昼(を食べに)に行っていきます。

 

 

I’m off to the bank.

 

→銀行に行ってきます。

 

 

I’m off to bed.

 

→寝ます。

 

※go to bed と同じ考え方

 

 

「I’m off to do」で「~しに行く」

 

I’m off to 動詞の原形」の形で「~しに行く」と言うこともできます。

 

例文

 

I'm off to see Top Gun Maverick.

 

→トップガン マーヴェリックを見に行ってきます。

 

 

I'm off to pick him up.

 

→彼を迎えに行ってきます。

 

 

I’m off to get my hair cut.

 

→髪を切りに行ってきます。

 

 

まとめ

 

・「I’m off.」は「行ってきます」や「もう行きます」

 

・「I’m off to 場所」で「~に行ってくる」

 

・「I’m off to do」で「~しに行ってくる」

 

 

似たスラング表現には「hit」もあります。

「hit the road」の意味と使い方。この「hit」の意味とは