MENU

英語で「~する方が~だ」の言い方と応用の仕方

 

 

英語で「~する方が~だ」の言い方

 

例えば、「電車に乗る方が安いよ」と言いたい場合。

 

英語では「It's cheaper to get the train.」となります。

 

 

文法的には「It's 形容詞 to do」の応用です。

 

考え方は同じで、「It's cheaper(より安い)」と「to get the train(電車に乗ること)」に分けられます。

 

 

もしこれが「It's cheap to get the train.」だと「電車に乗るのが安い」になり、ただ単に安さをアピールしています。

 

それを比較級にすることにより、「~の方が安い」のニュアンスを出すことができます。

 

形容詞によっては「most」になる

 

形容詞によっては「most」が使われるのも比較級の基本と同じです。

 

例文

 

It's more expensive to get the train.

 

→電車の方が高い。

 

 

It’s more important to win.

 

→勝つことの方が大事。

 

 

応用の仕方

 

応用の仕方として、後ろに「than」を置くことにより、「~よりも」の部分を明確にすることができます。

 

例文

 

It's more expensive to get the train to work than drive.

 

→仕事に車で行くよりも電車の方が高い。

 

 

It's cheaper to make your own than buy one.

 

→買うよりも自分で作る方が安い。

 

 

It's easier to increase income than cut spending.

 

→支出を減らすよりも収入を増やす方が簡単だ。

 

 

It’s more important to have fun than make money.

 

→お金を稼ぐことよりも楽しむ方が大切です。

 

 

It’s more expensive to eat healthily than unhealthily.

 

→不健康なものよりも健康なものを食べる方が高くつく。