bark up the wrong tree の意味をドラマ「メンタリスト」で学ぶ

 

 

bark up the wrong tree の意味

 

bark up the wrong tree」には「見当違い」や「お門違い」という意味があります。

 

 

直訳だと「間違った木に向かって吠える」ですが、これは猟犬が獲物のいない木に向かって吠えている、または木を獲物だと思って吠えているのが由来のようです。

 

猟犬が獲物を追い詰めたと思いきや、獲物は既に逃げていたり、そもそもただの木だったりという情景が浮かびます。

 

 

例文として、海外ドラマ「メンタリスト」のセリフを見てみます。

 

メンタリストの bark up the wrong tree

 

ドラマ「メンタリスト」シーズン4 第5話より

ドラマ「メンタリスト」シーズン4 第5話より

 

ドラマ「メンタリスト」に出てきたセリフです。

 

日本語訳は「俺とは関係ない」になっています。

 

 

「自分のことを疑っているようだけど、自分は事件とは関係ない」や「見当違いな推理をしている」のようなニュアンスで使われています。

 

 

そして、この台詞のように「You're barking up the wrong tree」と現在進行形で使われることが多いです。

 

これは日本語の「(今現在)あなたは見当違いをしている」と同じ使い方なので、分かりやすいと思います。