be fond of の意味と使い方|like との違い

 

 

be fond of の意味と使い方

 

fond」は「大好き」や「お気に入り」という意味がある形容詞です。

 

そこから、「be fond of ~」の意味は「~が大好きだ / お気に入りだ」となります。

 

後ろには名詞や動名詞が入ります。

 

 

 

また、「grow fond of」または「become fond of」の形で「~が好きになる」と言うこともできます。

 

be 動詞が「好きである状態」だとしたら、grew や became は「好きになる動き」を表します。

 

 

この be fond of は今は使わない(古い)表現という声もありますが、Twitterなどでは普通に見かけます。

 

fond の発音

 

fond の発音は、アメリカでは「ファンド」ですが、イギリスでは「フォンド」になります。

 

 

発音記号

 

米【fάnd】

英【fɔ́nd】

 

be fond of と like の違い

 

「like」が一般的な「好き」だとしたら、「be fond of」はそれよりも好きの度合いが強く「love に近い好き」のニュアンスを持ちます。

 

 

また、like が幅広く使えるのに対し、be fond of は「比較的長い間好きな物」に使います。

 

例えば、「今ハマっているから好き」や「最近好きでやってます」ではなく、「昔からずっと好き」のニュアンスです。

 

be fond of の例文

 

I'm very fond of you.

 

→あなたのことが大好きです。

 

 

I'm not fond of cleaning.

 

→掃除が好きではありません。

 

 

Every children is fond of toys.

 

→子供たちは皆おもちゃが大好きです。

 

 

We've grown very fond of each other.

 

→お互いを好きになった。

 

 

We have two children who are fond of Japanese manga.

 

→日本の漫画が好きな子供が2人います。

 

 

 

Jeff is fond of boasting,

"People occasionally fail to retain their self-control but, in my case, reason never fails to prevail over emotion."

 

 

ジェフはこう言って自慢するのが好きだ。

「時折、人は自制心を保てなくなるけど、僕の場合はね、どんな時でも理性で感情を抑えることができるんだよ」

 

(ALL IN ONE 例文363 より)