「be in trouble」「get into trouble」「get in trouble」の違いを1つずつ解説!

 


be in trouble」と「get into trouble」は似ていますが、ニュアンスが少し異なります

 

そして、間違いやすいのが「get in trouble」の意味です。

 

これは be in trouble と get into trouble とは違う意味になります。

 

 

いずれも似ているため、時折間違った使い方をされることがあります。

 

そこで、それぞれの違いと使い方を1つずつ見ていきます。

 

 

be in trouble と get into trouble の違い

 

be in trouble」と「get into trouble」はどちらも「大変なことになる」や「困る」という意味です。

 

ただ、ニュアンスが若干異なります。

 

それらの違いは、「状態」か「そうなるか」の違いです。

 

 

be動詞は「~である」という状態を表します。

 

よって、「be in trouble」は「トラブルになっている状態」や「既に厄介なことを起こしている状態」を表します。

 

 

例えば、「I'm in trouble」と言った場合、「私は(既に)困っている(状態である)」とになります。

 

in trouble = トラブルの中にいる」と考えると、分かりやすいと思います。

 

His business is in trouble.

→彼の事業は困難に直面している。

 

get into trouble の意味

 

一方、「get」は状態の変化を表す「~になる」という意味です。

 

例えば、

 

It's getting dark.

→暗くなってきた。

 

などです。

 

 

そこから、「get into trouble」は今後、

 

トラブルになる

トラブルに巻き込まれる

大変なことになる

 

というニュアンスになります。

 

into = トラブルの中に入り込む」と考えると、分かりやすいかもしれません。

 

You'll get into trouble.

→トラブルになるよ。

 

 

I don't want to get into trouble.

→トラブルに巻き込まれたくない。

 

 

I'll get into trouble if I can't finish this work.

→もしこの仕事が終わらなかったら大変なことになる。

 

get in trouble の意味

 

問題は「get in trouble」です。

 

これは「怒られる」という意味になるので注意が必要です。

 

I got in trouble at school.

→学校で怒られた。

 

 

You'll get in trouble.

→怒られるよ。

 

 

I got in trouble because I was late to work.

→仕事に遅れたので怒られました。

 

 

I got in trouble for lying.

→嘘をついたので怒られた。

 

 

まとめ

 

・「be in trouble」→「be動詞 = 状態」→「トラブルになっている状態」

・「in」は「トラブルの中にいる」イメージ

 

 

・「get into trouble」→「get = ~になる」→「(これから)トラブルになる」

・「into」は「トラブルの中に入り込む」や「巻き込まれる」イメージ

 

 

・「get in trouble」→「怒られる」

・上記2つとは異なるので注意が必要