「be known to」「be known for」「be known as」の違いと使い方

 

「be known to」

「be known for」

「be known as」

 

いずれも似ているようで、意味と使い方が少し異なります。

 

今回は、それらの違いを1つずつ見ていこうと思います。

 

 

「be known to」の意味

 

be known to A」は「Aに知られている」という意味です。

 

Aには主に特定の人々などのグループが入ります。

 

This temple is known to tourists.

→このお寺は観光客に知られている。

 

The character is known to all movie fans.

→そのキャラクター(登場人物)は全ての映画ファンに知られている。

 

The name of that actor is known to almost every American.

→その俳優の名前はほとんどのアメリカ人に知られている。

 

また、to の後に動詞が続き、「be known to do」の形になる場合もあります。

 

その場合は、「~すると知られている」という意味になります。

 

The chemical is known to cause cancer.

→その化学物質はガンを引き起こすと知られている。

 

Tigers are known to climb trees.

→虎は木に登ることで知られる。

 

「be known for」の意味

 

be known for A」は「Aで知られている」「Aで有名である」という意味です。

 

これは「Aが理由(原因)で主語が有名である」ということです。

 

Aには主に名詞か動名詞が続きます。

 

The station is known for its beautiful scenery.

→その駅は美しい景色で知られている。

 

Kyoto is known for its old temple.

→京都は古いお寺で有名です。

 

He is known for drawing cats.

→彼は猫を描くことで知られている。

 

「be known as」の意味

 

be known as A」は「Aとして知られている」という意味です。

 

主語とAはイコールで結ぶことができます。

 

Bob Kane is known as the creator of Batman.

→ボブ・ケインはバットマンの創作者として知られている。

(ボブ・ケイン=バットマンの作者)

 

Yoshitsune is known as Ushiwakamaru.

→源義経は牛若丸として知られている。

(義経=牛若丸)

 

She is now known as a world-famous singer.

→彼女は今や世界的に有名な歌手として知られている。

(彼女=世界的な有名歌手)

 

 まとめ

 

「be known to A」 → Aに知られている。

主語がA(特定のグループ)の中で知られている

 

「be known to do」 → ~すると知られている。

 

「be known for A」 → Aで知られている。Aで有名である。

主語が知られている理由がA

Aは名詞か動名詞

 

「be known as A」 → Aとして知られている。

主語=A