「be occupied with」の意味と使い方。「OCCUPIED」とはどういう状態?

 

 

「be occupied with」の意味

 

be occupied with」の意味は「~で忙しい」や「~に夢中である」です。

 

ここでは「occupy」が形容詞として使われています

 

 

動詞の「occupy(アキュパイ)」は

 

~を占有する

~を使用する

~を占領する

~を占める

 

などの意味がある他動詞です。

 

そこから、「be occupied with」は「何かに占有されている = 他のことをする余裕はない = 忙しい」というイメージになります。

 

「busy」と似ていますが、「occupied」の方が何かに専念(集中)しているニュアンスがあります。

 

「満席」という意味の「occupied」

 

他にも「occupied」は「満席」という意味でも使われます。

 

例えば、トイレの入り口に「OCCUPIED」の札があれば、「使用中」を表します。

 

ちなみに、「空き」は「VACANT」です。

 

また、「All seats are occupied」は「全ての座席が埋まってい = 満席」の状態を指しています。

 

「be occupied with」の例文

 

I've been occupied with work.

→仕事で忙しいです。

 

I've been heavily occupied with college.

→大学がとても忙しいです。

 

He was occupied with his new PC yesterday.

→昨日、彼は新しいパソコンに夢中だった。

 

I will be occupied with this project.

→このプロジェクトに専念します。

 

My kid has been occupied with a soda bottle since this morning.

→今朝から子供がソーダボトル(炭酸飲料などを入れるボトル)に夢中になっています。