「be poised to(for)」の意味と使い方。「poise」の語源とは

 

 

「be poised to(for)」の意味と使い方

 

be poised」は「準備ができている」や「態勢が整う」という意味です。

 

後ろには「to」か「for」が置かれます。

 

be poised to do」の形で、

 

~する準備ができている

~する態勢が整う

~しようとしている

 

be poised for 名詞」の形で、

 

~の準備ができている

~の準備が整う

 

となります。

 

この「poised」は動詞が形容詞化して使われています。

 

「be surprised at」などと同様です。

 

「poise」の意味

 

「poise(ポイズ)」には動詞と名詞があります。

 

【他動詞】

・~の釣り合いを保つ

・~のバランスを取る

・~を静止させる

 

【自動詞】

・釣り合う

・(鳥などが)宙に浮く(舞う)

 

【名詞】

・平衡

・バランス

・姿勢

・身のこなし

・平静

 

 

このように、平衡やバランスが取れている状態という意味が根底にあります。

 

その理由は poise の語源にあります。

 

語源はラテン語「pendere」にあり、意味は「重さをはかる」や「吊るす」です。

 

それが古フランス語の影響を受けて綴りが変化していき、現在の形になったようです。

 

天秤で重さを量っているところを想像すると、頭に残りやすくなると思います。

 

「be poised」の例文

 

He is poised to become Asia’s richest person.

→彼はアジア一の富豪になる準備をしている(になろうとしている)。

 

The president is poised to open the border.

→大統領は国境を開放する構えだ。

 

The crocodile looks poised to catch a mid day meal.

→ワニが昼食を食べようと身構えているように見える。

 

He is poised to conduct a long-range missile test in the next few weeks.

→彼は今後数週間で長距離ミサイルテストの実施しようとしている。

 

She is poised for comeback.

→彼女は現役復帰する準備ができている。

 

Journalists are poised for action.

→ジャーナリストたちは行動を起こす準備を整えている。