英語の勉強は基礎学習から始める【初心者+】

 

英語の勉強の始め方(初心者編)の続きです。

www.1karaeigo.com

 

 

基礎学習とは

 

基礎学習とは

文法

単語

発音

を指します。

 

これは英語を学ぶ上で、土台となるものです。

 

土台がしっかりしていなければ崩れます。

 

また、上に積んだものが多いほど、土台の矯正が難しくなってきます。

 

そのため、早い段階で基礎学習を固めるのが効率的です。

 

そして、それらを少しずつ体にしみ込ませていきます。

 

英語学習に近道はありません。

 

 

文法は土台中の土台

 

英語の勉強の始め方(初心者編)でも書きましたが、文章の構造や英文を正しく理解をするために、文法の学習が必要です。

 

そしてそれは、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディング全てに役立ちます。

 

まずは、総合英語レベルの文法をマスターすることが1つの目標であり、区切りです。

 

また、ある程度英語を勉強しているけど、全然伸びない!

 

という方が改めて文法を学び直したら伸びた、ということもあります。

 

そのぐらい文法は大事です。

 

スポーツでいえば、基礎体力強化や体幹トレーニングのようなものです。

 

参考書は英語の勉強の始め方(初心者編)の基本にカエル英語の本か、こちらをご参照ください。

www.1karaeigo.com

 

 

単語は種

 

単語(語彙力)の重要性は言わずもがなです。

 

文法が土地だとしたら、単語はそこに蒔く種です。

 

単語は従来通り、単語帳で学習するのは効率的なのですが、単語帳は沢山あります。

 

そのため、何を選んで良いのか迷います。

 

そこでおすすめなのが、例文や英文の中で学べる単語帳です。

 

これは、短い文章の中に、覚えるべき重要単語・熟語が複数含まれている形式です。

 

従来の単語帳のような単語の羅列ではなく、例文や文章に盛り込まれているため、記憶に残りやすくなります。

 

また、付属CDやダウンロード音声により、リスニングの勉強も兼ねることができます。

 

そのような形式のおすすめ単語帳はこちらをご参照ください。

www.1karaeigo.com

 

 

発音記号から学ぶ

 

発音はスピーキングとリスニングに重要な要素です。

 

「発音」と聞くと難しそうに聞こえますが、ここでは「発音記号」レベルの基礎です。

 

ある程度英語学習が進んだ人でも、やっぱり発音記号や発音の基礎から学ばなければ、と思い直して逆戻りする人も多いです。

 

発音を学ぶメリットは、

正しく発音できる

リスニングの力が上がる

日本語英語(カタカナ英語)の矯正

この3つです。

 

特に3番目の、カタカナ英語のマイナス要素(悪く言えば悪影響)を実感している人も多いと思います。

 

そのため、発音練習は早ければ早いほど効果的です。

 

発音記号を学べば、記号を見ただけで正しい発音が分かります。

 

そして、だんだんと単語の発音の法則やコツも分かってきます。

 

初心者だからこそ、基礎から学ぶべきだと思っています。

 

発音の基礎学習におすすめの本はこちらをご参照ください。

www.1karaeigo.com

 

 

まとめ

 

最後に簡単にまとめます。

 

文法、単語、発音は英語学習の土台であり三本柱

中学英語レベルからスタート

文法、単語、発音の学習を少しずつでも並行して行うことで、総合的な英語力UPに繋がる

英語学習には近道はない

 

 

【初心者学習ルート】

 

中学英語の文法

総合英語

単語・発音