「call for」には「~を予報する」という意味がある

 

 

「~を予報する」という意味の「call for」

 

call for」の意味は「~を必要とする」や「~を要求する」と覚えている人も多いと思います。

 

しかし、実はそれ以外に「(天気)を予報する」という意味があります。

 

天気予報の話題で call for が出てきたら予報の意味になり、後ろには雨や雪など、予報されるものが続きます。

 

日本語に訳す際は、

 

予報では~です

~と予報される

・~と予想されている

 

などとした方が合うと思います。

 

これは主にアメリカで使われ、意味的には動詞「forecast」とほぼ同じになります。

 

The forecast calls for rain.

→予報では雨です。

 

The weather forecast calls for heavy rain.

→天気予報は豪雨と予報する(=豪雨と予報されている)。

 

The forecast calls for snow tonight.

→今夜は雪の予報です。

 

The forecast calls for clear skies.

→予報では晴天です。

 

The forecast calls for cold temperatures and more snow.

→寒気と更に雪が降るとの予報です。