「catch myself doing」の意味は日本語でも使われるあのフレーズ

 

 

catch myself doing の意味

 

catch myself +動詞のing」の意味は、日本語で言う「気付いたら~している」です。

 

何かをしている自覚がなかったけど、突然そのことにハッと気づいたような状況です。

 

 

例えば、「Sometimes I catch myself thinking about my ex-girlfriend.」という文。

 

意味は「時々、気付いたら元カノのことを考えている」です。

 

意識して考えていたわけではなく、無意識で考えていたことに気付いた状態です。

 

 

また、「思わず~している」と訳されることもあります。

 

例えば、「思わず謝っていました」は「I caught myself apologizing.」となります。

 

 

 

何故「catch myself doing」がこの意味になるのかというと、「catch」は「捕まえる」以外にも「見つける」という意味があります。

 

文法的には「catch A doing(Aが~しているのを見つける)」の形の知覚動詞として使われています。

 

そこから、「catch myself doing」は「私自身が~しているのを見つける = 気付いたら~している」となります。

 

find myself doing の意味

 

「find myself doing」も「catch myself doing」とほぼ同じ意味と使い方をします。

 

しかし、catch myself doing の方がハッと気づいた感が強めです。

 

何故なら、先述の「知覚」の意味が含まれているからです。

 

 

日本語で言うなら、catch が「ハッ」だとしたら、find は「あ……」かもしれません。

 

catch myself doing の例文

 

I catch myself looking at pictures of him.

 

→気付いたら彼の写真を見ている。

 

 

I catch myself looking at my watch.

 

→気付いたら自分の時計を見てる。

 

 

 I caught myself smiling.

 

→思わず微笑んでました。

 

 

I caught myself using that gesture.

 

→気付いたらそのジェスチャーを使っていました。

 

 

I caught myself apologizing multiple times.

 

→思わず何度も謝りました。

 

 

似た表現には「In spite of oneself」があります。

In spite of oneself の意味と使い方。何故このような意味になる?