MENU

「cheer for」と「cheer on」の意味と使い方の違い

 

 

cheer for と cheer on の意味と違い

 

cheer for ~」と「cheer on ~」はどちらも「~を応援している」と訳されます。

 

しかし、そのニュアンスは少し異なります。

 

 

まず、自動詞「cheer」の本来の意味は「声援を送る」や「歓声を上げる」のように、声を出すニュアンスが含まれます。

 

そこから、「cheer for ~」は「~に歓声を送る」や「~を声に出して応援する」になります。

 

そのため、特定の誰を応援するような時に使われます。

 

例えば、選手がホームランを打った時や、応援している人が競技を行っている時などです。

 

 

一方、「cheer on ~」は日本語の「~を応援する」に近い表現です。

 

その時に声を出して応援する場合や、「私はこのチームを応援しています」のような使い方もできます。

 

 

次は例文を見てみます。

 

cheer for と cheer on の例文比較

 

速読速聴・英単語 Daily1500 ver.3に分かりやすい例文が載っていたので比較してみます。

 

 

Everyone cheered for her when she made that winning goal.

 

あの決勝点を決めた時は、みんながあの子に声援を送ったのよ。

(p180 より)

 

We cheer on our own cuntry's athlet.

 

自分たち自身の国の選手を応援します。

(p184 より)

 

 

このように、cheer for は声援、cheer on は応援という使い分け方をされています。

 

cheer up の意味

 

少し意味が変わるのが「cheer up」です。

 

こちらは「元気づける」という意味で、自動詞的・他動詞的どちらでも使えます。

 

 

例えば、

 

She cheered me up.」は「彼女が私を元気づけてくれた

 

Cheer up!」なら「元気出して!

 

となります。

 

まとめ

 

・cheer は声を出すニュアンス

 

・cheer for は声を出して特定の何かを応援する

 

・cheer on は日本語の応援に近い表現

 

・cheer up は元気づける

 

 

[関連記事]

英語で「応援する」や「応援している」の3つの言い方