話題に触れてほしくない時の「Don't go there」の意味と使い方

 

「Don't go there」の意味と使い方

 

会話の中で、あまり聞かれたくなかったり、触れて欲しくなかったりする話題が出ることがあります。

 

例えば、

 

A「仕事は順調なの?」

B「聞かんでくれ

A「あ……」

 

A「恋人とまだ一緒に住んでるの?」

B「その話はやめよう

A「あ……」

 

という、相手に「その話はもうやめよう」と言いたい時があります。

 

それは聞かないでくれ(触れないでくれ)

その話題には触れないでくれ

その話はやめよう

その話は無しで

 

などです。

 

それらを英語では

Don't go there

または

Don't even go there

と表現することができます。

 

「Don't go there!」を直訳すると「そこへ行くな」という意味ですが、要は「そっちの方に話を持っていくのをやめよう」ということになります。

 

 

もちろん、本当にどこか特定の場所に行かないで、という場合にも「Don't go there」になります。

 

または

 

I don't go there anymore.

→もう行かない(行かなくなった)。

 

などという文章にも出てきます。

 

その辺りは、文脈次第になります。