「再確認する」を英語で言うと? ビジネスでの重要表現

 

 

英語で「再確認する」

 

「再確認する」を英語では「double check」と言います。

 

この形で動詞として使われ、過去形・過去分詞は「double checked」、現在分詞は「double checking」になります。

 

自動詞・他動詞ともに使われます。

 

また、「double-check」とハイフンで繋がれる場合もあります。

 

そして、日本語でも「ダブルチェックする」というカタカナ語で使われ、珍しく(?)英語と日本語の意味と使い方が同じ単語になっています。

 

ちなみに、三重の確認(点検)は「triple-check」になります。

 

が、「fourth-check」まで行くと、見かける頻度はガクッと下がります。

 

日本語でも、「二重、三重の確認」とは言いますが、「四重の~」は限られた場面でしか使わないのと同じかもしれません。

 

「reconfirm」の意味

 

「再確認する」という意味の単語に「reconfirm」があります。

 

「~を確かめる」という意味の confirm に 「re」が付いた形で、「再び確かめる」という意味になっています。

 

こちらは主に他動詞として使われ、「~を再確認する」になります。

 

名詞の場合は「reconfirmation」です。

 

ただ、double check と比べると、かたい言葉になります。

 

例文

 

She should have double checked.

→彼女は再確認すべきだった。

 

Can I please double-check?

→再確認してもいいですか?

 

Could you please double-check?

→再確認していただけますか?

 

I need to reconfirm it in a few hours.

→数時間でそれを再確認する必要がある。

 

Tomorrow will be a good opportunity to reconfirm this problem.

→明日はその問題を再確認する良い機会になるだろう。