「get a taste of」の意味と使い方。この「taste」の意味とは?

 

 

「get a taste of」の意味と使い方

 

taste」は「」や「好み」、「(服などの)センス」などという意味の名詞です。

 

カタカナでも「テイスト」として使われることがあります。

 

 

そして、「get a taste of ~」は「~の味を得る」、つまり「~を味わう」という意味になります。

 

これは文字通り、「料理を味わう」などの味わうという使い方です。

 

 

しかし、今回取り上げるのは「経験する」という意味の「味わう」です。

 

日本語でも、ドラマや漫画のセリフで「お前にも味わわせてやる!」のような使い方をします。

 

これは「お前にも同じような体験をさせる」という意味の「味」です。

 

それと同様に、英語の「taste」にも「経験」を表す「味」のニュアンスがあります。

 

注意点は、それら意味で使われる時は「a taste」の形になる所です。

 

「get a taste of your own medicine」の意味

 

「get a taste of」を使った面白いことわざに「get a taste of your own medicine」があります。

 

直訳すると「自分の薬を味わう」。

 

ですが、これの本当の意味は「他人に味わわせた悪い行いは自分に返って来る」です。

 

日本語的に言うと、「自業自得」や「しっぺ返し」になります。

 

何故このような意味になるのかというと、語源はイソップ寓話の「The Cobbler Turned Doctor」という物語にあるようです。

 

「The Cobbler Turned Doctor」のあらすじ

 

業績が悪くなった靴職人(Cobbler)がいました。

 

彼は靴職人を辞めて医者に転身し、万能薬と称した薬を用いて人々の治療を始めます。

 

そんなある日、その元靴職人が病気になりました。

 

そこで彼は、自分の万能薬を飲んで病気を治すよう言われます。

 

すると彼は「いやだ」と言って断りました。

 

何故なら、何の効果もない偽薬だったからです。

 

※この他にも設定や話が追加されたバージョンもあるようです。

 

「get a taste of」の例文

 

I got a taste of his power firsthand .

→じかに彼の力を味わった。

 

She got a taste of being treated like a princess.

→彼女は王女のような扱いを経験した。

 

Once you get a taste of living alone, you never want to live with others again.

→一度一人暮らしを経験すると、二度と誰かと一緒に暮らしたくなくなるよ。

 

My car got a taste of snow today.

→今日、車は雪を体験した(=雪に見舞われた)。

 

They will get a taste of success.

→彼らは成功を得るだろう。

 

You got a taste of your own medicine.

→自業自得だよ。

 

She got a taste of her own medicine.

→彼女はしっぺ返しをくらった。