「get down to brass tacks」の意味。「brass tacks」とは何を指している?

 

 

「get down to brass tacks」の意味

 

get down to brass tacks」の意味は「物事や問題の核心に触れる」や「本題に入る」です。

 

brass」は「真鍮(しんちゅう)」。

tack」は「鋲(びょう)」。

 

brass tacks」は「真鍮製の鋲」になります。

 

では、何故この「brass tacks」が核心や本題という意味になるのでしょうか。

 

「brass tacks」の由来

 

真鍮製の鋲が核心や本題という意味になった理由は、実はハッキリとしていないようです。

 

・布地を正確に測るため、真鍮製の鋲を打った

・家具などの装飾を作る際、布地を真鍮製の鋲で固定した

・鋲(留め金)を外すと固定したものが外れる=要(かなめ)

 

など色々な話があります。

 

しかし、いずれも重要な「点」です。

 

そこから、物事や問題の核心・本題という意味に移り変わるイメージは掴めそうです。

 

「get down to」の意味

 

get down to」は色々な意味を持ちます。

 

~に降りる

~へ行く

~に本腰を入れる

~に取り掛かる

 

などです。

 

今回は本腰を入れたり取り掛かるという意味の get down to が使われています。

 

よって、

「get down to brass tacks」で

「brass tacks(核心や本題) に取り掛かる= 本題に入る / 核心に触れる」

となります。

 

Let's get down to brass tacks.

→本題に入りましょう。

 

類語に、「get down to business」があります。

 

これも、「仕事などに取り掛かる(本題に入る)」となります。