MENU

英語で「コツを掴む」を表現する2つの言い方

 

コツを掴む」や「コツがある」などのコツ

 

英語では2つの言い方があるので、それらを1つずつ見ていきます。

 

 

英語で「コツを掴む」

 

1つは「get the hang of」です。

 

動詞「hang」の意味は「ぶら下がる」や「~を吊るす」です。

 

しかし、名詞の hang には、「扱い方」や「コツ」という意味があります。

 

 

そこから、「get the hang of ~」の形で「~のコツをゲットする」、つまり「~のコツを掴む」という意味になります。

 

また、「get」が「have」になることもあります。

 

knack の意味

 

もう1つは「knack(ナク)」を使って表すことができます。

 

knack」は「コツ」「要領」「技巧」という意味の名詞です。

 

 

使い方は主に、

 

・「get the knack of ~」で「~のコツを掴む

・「have a knack for(of / to) ~」で「~のコツを掴んでる

 

となります。

 

 

ただ、日本語に厳密に照らし合わせると、こちらは「要領を得る」「要領を得ている」に近いかもしれません。

 

例文

 

I'm getting the hang of it.

→コツを掴んできた。

 

 

Have you got the hang of it?

→コツを掴みましたか?

 

 

I'm getting the hang of using my new iPad.

→新しいiPadの使い方が分かってきた。

 

 

I'm starting to get the hang of this bassline.

→このベースラインのコツを掴み始めている(ギターを弾きながら)。

 

 

I still haven't got the knack of cooking.

→料理のコツはまだ掴めていない。

 

 

He has a knack for taking photos.

→彼は写真を撮るコツを心得ている。

 

 

There is a knack to making omelettes.

→オムレツを作るのにはコツがいる。