「the gravity of the situation」の意味。「gravity」の語源や「grave」「gravitation」との違いとは

 

 

「the gravity of the situation」の意味

 

名詞「gravity(グラビティ)」の意味は「重力」が一番有名です。

 

2013年には「ゼロ・グラビティ」という映画が公開されました。

 

これは「gravity(重力)が0 = 無重力」という意味になります。

 

ちなみにゼロ・グラビティの原題は「gravity」です。

 

タイトルが真逆なのが面白いです。

 

 

そんな「gravity」にはもう一つ別な意味があります。

 

それは「重大さ」や「重々しさ」です。

 

そこから、「the gravity of the situation」は「事の重大さ」という意味になります。

 

重力と重大さのどちらにも「重い」という漢字が入っているので、イメージはしやすいと思います。

 

直訳の「状況の重さ」でも、何となく意味は掴めそうです。

 

「gravity」の語源と「grave」との関係

 

 gravity は、ラテン語「gravis」から来ています。

 

意味は「重い」「重大な」「重々しい」などです。

 

そして、同じ語源を持つ単語に形容詞「grave」があります。

 

grave の意味は

 

重大な

深刻な

(表情や物などが)重々しい / 厳粛な

 

です。

 

「gravity」と「grave」の綴りや意味が似ているのは、語源が同じだから、という理由があります。

 

また、英語で「お墓」も「grave」です。

 

しかし、綴りは同じですが、語源が異なる別な単語です。

 

「gravity」と「gravitation」の違い

 

gravity が重力という意味の名詞なら、「gravitation」は「引力」という意味の名詞です。

 

 Newton's law of universal gravitation

→ニュートンの万有引力の法則

 

重力は「地球の万有引力と地球の自転による遠心力の合力」と説明されます。

 

重力と引力は厳密に言うと少し異なります。

 

しかし、

 

gravity  → 重力(引力)

gravitation → 引力(重力)

 

とどちらも書いてあったり、区別が曖昧に使われていることもあります。

 

例文

 

She didn't know the gravity of the situation.

→彼女は事の重大さを知らなかった。

 

I don't think he understands the gravity of the situation.

→彼は事の重大さを理解していないと思う。

 

Perhaps you don't understand the gravity of the situation?

→おそらくあなたは事の重大さを理解していないのでは?

 

It's good you've realized the gravity of the situation.

→あなたが事の重大さに気付いて良かった。

 

「understand」「realize」「know」「accept」「appreciate」のような動詞と組み合わさっていることが多いです。