MENU

have a chat の意味。talk と chatter との違いとは?


have a chat」の意味。


そして「talk」と「chatter」との違いを見ていきます。



have a chat の意味


have a chat」は「おしゃべりをする」や「雑談をする」という意味になります。


どちらかと言うとイギリスで使われる表現です。


動詞として使う chat


chat」は自動詞としても使えます。



【例文】

I want to chat with you.

→あなたとおしゃべりしたい。



I was chatting with a friend all day.

→一日中、友達とおしゃべりしていた。



I like to chat with my friends over the phone.

→私は友達と電話で話すことが好きです。


chat と talk の違い


chat」は雑談や重要でない話をする時の「話す」です。


日常会話で「話す」と言う時に使われます。



一方、「talk」は日本語で表すと「会話をする」で、「chat」と比べて若干堅くなります。


chat と chatter の違い


chatter」は「chat」と比べ、ガヤガヤ感が増し、時として悪口にもなります


そのように、動詞「chatter」には「ぺちゃくちゃ喋る」や「(鳥や猿が)鳴く」という意味があります。



また、名詞だと、


くだらないおしゃべり

おしゃべりのガヤガヤする音

鳥や猿の鳴き声

機械や歯の耳障りな音


などを表します。


このように、雑談や会話ではなく、雑音に近いのが「chatter」になります。


have a chat の例文


I had a chat with him yesterday.

→昨日、彼とおしゃべりをした。



Let's have a chat later.

→あとで話しましょう。



It was nice having a chat with you.

→あなたとお話できてよかったです。