英語で「会話をする」は何と言う?|conversation と talk の違い

※当ブログの記事にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります

 

 

英語で「会話をする」の言い方

 

英語で「会話をする」は「have a conversation」と言います。

 

 

conversation」は「会話」という意味の名詞で、直訳だと「会話を持つ」になりますが、これは「have a dream(夢を見る / 夢がある)」と同じ「have +名詞」の形です。

 

 

 

誰々と会話をする / 話し合う」と言いたい場合は「have a conversation with ~」。

 

~について」と言いたい場合は「have a conversation about ~」となります。

 

 

 

他によく使われるフレーズには「Let's have a conversation.」があります。

 

意味は「会話をしましょう / 話しましょう」で、ニュアンスと使い方は日本語と同じです。

 

 

conversation という単語から堅い表現のような感じを受けますが、形式ばった会話だけではなく、普通のおしゃべりにも使うことができます。

 

 

 

「会話を始める」と言いたい場合はこちらをご覧ください。

 

strike up a conversation の意味と使い方と「strike up」の関連フレーズ

 

conversation の発音

 

たまに「conversation」の読み方は間違えられていますが、カタカナにするなら「カンヴァセイション」です。

 

conversation の発音記号

 

【kὰnvɚséɪʃən / k`ɔnvəséɪʃən】

 

 

conversation と talk の違い

 

似た単語に「talk」があります。

 

「conversation」は二人ないし複数人での会話なのに対し、「talk」の基本的な意味は「話す」で、会話とは限りません

 

 

 

例えば、 「I'm talking to you!」という文。

 

意味は「あなたに話しているんだ!」で、会話ではなく「一方的に話している」状況です。

 

 

What are you talking about?(お前は何を言っているんだ?)」や「talk to myself(独り言を言う)」なども同様で、会話とは少し異なります。

 

 

talk to は「お互いに話す」の意味もある

 

「talk to」は「お互いに話す」の意味でも使われます

 

I talked to him.」なら「彼と話した」で、一方的に話したのではなく、会話をしたことを意味しています。

 

 

 

つまり、「talk to」は「一方的に話しかける」と「お互いに話す」の両方の意味を持つ、ある意味ややこしい句動詞です。

 

talk to と talk with の違い

 

talk with」は「お互いに話し合う」のニュアンスを持ち、この意味だけで使われます

 

よって、「彼と話し合った」は「I talked with him.」と言うこともできます。

 

 

 

ただ、日本語の「彼と話したよ」と「彼と話し合ったよ」では若干違うように、「talk with」の方が少しだけフォーマルです。

 

 

[関連記事]

 

have a chat の意味。talk と chatter との違いとは?

 

have a conversation の例文

 

I'd like to learn how to have a conversation.

 

→会話の仕方を学びたいです。

 

 

I had a good conversation with my father today.

 

→今日は父といい会話ができました。

 

 

I was looking for the opportunity to have a conversation with her.

 

→彼女と会話をする機会を探して(求めて)いました。

 

 

It's time to have a conversation about the issues they are facing.

 

→彼らが直面している問題について話し合う時です。