「have the nerve to」の意味と使い方。「nerve」の意外な意味とは

 

 

「have the nerve to do something」の意味

 

nerve」は「神経」という意味の名詞です。

 

形容詞になると「nervous」になり、意味は「神経質な」や「不安で」です。

これは日本語でも「ナーバスになる」などという使われ方をします。

 

ちなみに、「nerves」は「nerveの複数形」です。

よく間違われる「nerves」と「nervous」の違いは、名詞の複数形か形容詞かの違いです。

似ているので注意が必要です。

 

 

この「nerve」には、他にも「勇気」や「度胸」という意味もあります。

 

そこから、

 

 「have the nerve to ~

~する勇気(度胸)がある

 

となります。

 

主に「have the nerve to do something」の形で使われます。

 

また、口語のnerve には「図々しさ」や「厚かましさ」というニュアンスもあります。

 

そのため、言い方によっては

 

図々しく~する

厚かましく~する

 

という、少し非難を含みます。

 

その点は日本語でも、「よく溺れている人を助ける勇気があったな」と言った場合、「他の人ができないことを勇気を出してやった」や「度胸があった」という意味になります。

 

ですが、「よくも図々しくそんな質問する度胸があったな」と言った場合、少し非難するニュアンスを持つのと、似ているかもしれません。

 

類似の表現

 

似たような表現に「have guts」というのがあります。

 

こちらはこの記事をご参照ください。

www.1karaeigo.com

 

例文

 

I didn't have the nerve to do so.

→私にはそうする勇気がなかった。

 

I don't have the nerve to ask her out

→私には彼女をデートに誘う勇気がなかった。

 

She had the nerve to complain to my boss about the unfair treatment.

→彼女には不公平な扱いについて上司に文句を言う度胸があった。

 

I didn't have the nerve to ask her for advice.

→私は彼女にアドバイスを求める勇気がなかった。

 

You have the nerve to call me idiot!

→よくも図々しく私を間抜けだと言えるな!

 

He has the nerve to do that in front of other people.

→よく彼は他の人たちの前でそんな図々しいことできるな。