MENU

例文で見る「have to」と「must」の意味とニュアンスの違い【否定文に注意】

 

have to」と「must」はどちらも「~しなければならない」と訳されます。

 

しかし、日本語は同じでも、そのニュアンスが異なります

 

それらのニュアンスの違いを肯定文・否定文に分けて、例文を見ながら1つずつ解説してきます。

 

 

肯定文の have to のニュアンス

 

have to のニュアンス

 

自分の意思とは関係なく「そうしなければならない時」

 

・「そういうルールの時」

 

 

このように、have to には「そうしなければならない」が含まれます。

 

 

これを例文を交えながら、1つずつ見ていきます。

 

仕方なくしなければならない時の have to

 

1つ目は「仕方なく~しなければならない」ときです。

 

 

 

歯医者に行きたくないけど、銀歯が取れたから行かなきゃ

 

勉強したくないけど、テストが近いから勉強しなきゃ

 

部屋を片付けないと

 

弟の面倒を見なければならなかったんだよ

 

 

以上は自分の意思というよりも、「そうしなければならない状況」です。

 

これを英語にすると、こうなります。

 

 

I have to go to the dentist.

 

I have to study.

 

I have to clean up my room.

 

I had to take care of my younger brother.

 

 

日本語的には「~せざるを得ない」に近い部分もあります

 

一般的なルールや義務の have to

 

2つ目は「一般的なルール」や「義務」がある場合です。

 

例文

 

I have to buy the ticket to get on the bus.

 

→そのバスに乗るためにはチケットを買わなければならない。

(→社会的なルール)

 

 

I have to get up early tomorrow.

 

→明日は早く起きなければならない。

(→学校や仕事という義務)

 

 

I have to go to work today.

 

→今日は仕事に行かなければならない。

(→義務)

 

 

 

2・3人称の時も同じです。

 

例文

 

You have to take your medication every day.

 

→あなたは毎日薬を飲む必要があります。

(→医者により服用が決められているから)

 

 

You have to buy the ticket to get on the bus.

 

→そのバスに乗るためにはチケットを買う必要があります。

(→社会的なルール)

 

 

You have to wear a swimming cap at this pool.

 

→このプールでは水泳帽を被らないといけません。

(→このプールのルール)

 

 

このように「have to」は自分の意思とは違う、外的な要因や周囲の状況による「義務」や「必要性」による「しなければならない」を表します。

 

肯定文の must

 

must」のニュアンスは「自発的に~しなければならない」です。

 

 自分の意思とは関係のない「have to」とは違い、自分の意思で行う時に使います。

 

 

例えば、自分の意思で

 

歯医者に行かなきゃ

勉強しなくちゃ

もう行かなきゃ

 

と思った時は、

 

I must go to the dentist.

I must study.

I must go now.

 

になります。

 

 

一方、2・3人称の「must」は、話し手による命令や強制、義務のニュアンスが含まれます。

 

つまり、ここには話し手の主観が現れています。

 

そのため、使い方には注意が必要です。

 

例文

 

you must go to the dentist.

 

→あなたは歯医者に行かなければならない。

(→話し手の命令)

 

 

you must study.

 

→あなたは勉強しなければならない。

(→話し手の命令・強制)

 

 

You must read this book.

 

→あなたはこの本を読まなければならない。

(→話し手が決めた義務)

 

 

このように「must」は自分の意思による場合に使います。

 

否定文の have to と must の違い

 

否定文ではニュアンスが更に異なり、発言の強さが違います。

 

 

not have to」は「~する必要はない」や「~する必要はないですよ」という柔いニュアンスです。

 

not have to の例文

 

I don't have to clean my room.

 

→部屋を掃除する必要はないかな。

 

 

You don't have to eat it all.

 

→全部食べる必要はないですよ 。

 

 

 

一方、「must not 」は「~してはいけない」という強い禁止を表します。

 

例文

 

I must not eat too much.

 

→(ダイエット中だから)食べ過ぎちゃ駄目だ。

 

 

You must not take pictures here.

 

 →ここで写真を撮ってはいけません。

 

 

You must not eat too much.

 

→食べ過ぎ厳禁 。

 

 

まとめ

 

【have to】

・そうしなければならないとき

・そういうルールのとき

・not have to は「~する必要はない」

 

 

【must】

・自分の意思で自ら行うとき

・must not は「してはいけない」という強い否定