「どうして~なの?」を意味する「How come」の使い方【Why との違い】

 

 

「How come?」の意味と使い方

 

How come?」単体では「どうして?」や「なんで?」と相手に理由を聞くときの表現として使われます。

 

意味的には「Why?」と同じですが、How come の方がカジュアルです。

 

"No wonder she didn't show up to see him off."

 

"How come?"

 

"They broke up."

 

"Oh, what a pity!

「彼女が見送りに来なかったのも当然だよ」

 

「どうして?」

 

「二人は別れたんだ」

 

「えっ、かわいそうに!」

(DUO3.0より)

「How come +文章」の意味と使い方

 

How come +文章」の形で、「どうして~なの?」という疑問のフレーズになります。

 

日本語で言うと、「何でそんなに疲れているの?」や「どうして彼は来なかったの?」のようなカジュアルな「どうして?」です。

 

How come you are so tired?

→なんでそんなに疲れてるの?

 

How come you are studying English?

→どうして英語を勉強しているの?

 

How come she is here?

→何で彼女がここにいるの?

 

How come you didn't come to the rally?

→どうして集会に来なかったの?

 

How come she was so unhappy?

→彼女はなぜあんなに落ちこんでいたんだろう。

(ウィズダム英和辞典 第四版より)

 

 

「How come」と「Why」の違い

 

How come と Why の違いは大きく分けて3つあります。

 

カジュアルさの違い

 

1つ目は 、How comeの方がカジュアルな口語という点です。

 

Why は文書や公式の場で使われますが、カジュアルな場面でも使われます。

 

ニュアンスの違い

 

2つ目はニュアンスの違いです。

 

Why は単純に「何故~なのか」という理由を聞いています。

 

How come は「どうしてそうなったの?」や「何が起こってそうなったの?」など、少し驚きの「え? 何で?」のニュアンスが入ります。

 

上記のDUO3.0の例文も、「見送りに来ないのも当然だよ」に対して、「えっ、何で???」という驚きが入っています。

 

文章の構造の違い

 

3つ目は文章の構造が異なります

 

How come の後は「主語+動詞」の平叙文が続きます。

 

Why の後は「動詞+主語」か「助動詞+主語」の疑問文が続きます。

 

Why are you so tired?

→何故そんなに疲れているの?

 

why is she here?

→何故彼女はここにいるの?

 

Why did you do that?

→何故そんなことをしたの?

 

How come you did that?

→何でそんなことをしたの?

まとめ

 

・Why よりもカジュアルなのが How come

・How come は少し驚きのニュアンスが入る

 

・How come + 平叙文で「何で~なの?」

・Why は疑問文が続く