「asked」の発音は「アストゥ」? 「asked to」の発音はどうなる?

 

 

「asked」の発音は「アストゥ」?

 

asked」の発音記号はこうなっています。

 

【æskt】

 

カタカナ読みをすると「アスクトゥ」になります。

 

ただし、会話に出てきた時は「k(ク)」が消えることがよくあります。

 

その結果、【æst】と聞こえます。

 

カタカナ読みだと「アストゥ」になりますが、カタカナのように母音が入らないので注意が必要です。

 

 

これには、子音が3つ(a + skt)続くと言い難いから会話では楽な「a + st」で発音をする、という理由があります。

 

もちろん、k の音が聞こえるように発音する人もいるので、asked にはそのような傾向があると頭に入れておくと、リスニングの際に役立ちます。

 

「asked to」の発音

 

同じように、「asked to」も変わります。

 

Tの音に to が続く場合、前の T が消える傾向があります。

 

よって、「アスト + トゥ」ではなく、こちらも「アストゥ」になりがちです。

 

ただ、「asked」とほぼ同じ発音だったり、若干アスとトゥの間に溜めがある人がいたり、アストゥトゥと真ん中に若干 T が聞こえたりと様々です。

 

更に、「have to」が「ハフトゥ」ではなく「ハフタ」と発音されることがあるように、「asked to」も「アスタ」になりがちです。

 

その中でも、やはりアストゥが一番よく聞くように思います。

 

 

このように、単語単体では発音記号通りの読み方で発音されていても、会話の中では別の音に変わる単語は多く存在します。

 

そのため、実際にネイティブの音をよく聞いて、同じように真似して発音してみると、リスニングやスピーキングの助けになります

 

まとめ

 

・会話では「asked」は「アストゥ」、「asked to」は「アストゥ」や「アスタ」などになりがち

 

・実際は【æst】のように母音は入らない

 

・k の音を発音する人もいる

 

・ネイティブの発音を聞いた時に分かるようにしておくのが大事