英語で「~してもいいよ」を表す「It's ok to」と「Is it ok if ~?」の使い方

 

 

It's OK to の意味と使い方

 

It's OK to ~」は「~してもいいよ」という意味で、相手に許可を与えるフレーズとして使われます。

 

It's okay to」の表記でも同じです。

 

 

これは日本語で言う「~しても大丈夫ですよ」や「~してもOKですよ」に相当します。

 

 

 

例えば、「間違えても大丈夫だよ」と言いたい場合。

 

「間違える(make mistakes)」を後ろに置いて「It’s Ok to make mistakes.」となります。

 

 

例文

 

It's OK to touch my baby.

 

→赤ちゃんに触ってもいいよ。

 

 

 

It's OK to take pictures here.

 

→ここで写真を取ってもいいですよ。

 

 

このように、「~してもいいですよ」は「It's OK to do」の形で表すことができます。

 

Is it ok if / Is it ok to の使い方

 

逆に「~してもいいですか?」と相手に聞きたい場合は「Is it ok if +文」または「Is it OK to do」の形になります。

 

意味的には「Can I ~?」と同じです。

 

 

 

例えば、「ここに車を止めてもいいですか?」と聞きたい場合。

 

「私はここに駐車する」という意味の肯定文「I park here」を置き、「Is it OK if I park here?」となります。

 

または「Is it OK to park here?」の形でも同じ意味になります。

 

 

 

ただし、よく使われる組み合わせというものも存在します。

 

例えば、「ここで写真を取ってもいいですか?」なら「Is it OK to take pictures here?」の方がよく見かけます。

 

もちろん、そういう傾向があるというだけなので、「Is it OK If I take pictures here?」でも問題なく通じます。

 

 

例文

 

Is it OK to borrow this?

 

Is it OK if I borrow this?

 

→これ借りてもいいですか?

 

 

 

Is it OK if I smoke here?

 

→ここでタバコを吸ってもいいですか?

 

 

 

Is it OK to drink this hot coffee with a straw?

 

→このホットコーヒーはストローで飲んでも大丈夫?

 

 

以上のように、「Is it OK if + 文」か「Is it OK to do」で「~してもいいですか?」と言うことができます。

 

より丁寧な「Would it be OK if」

 

目上の人やビジネスにおいて、より丁寧な言い方をしたい時。

 

その場合は「Would it be OK if + 文」の形になります。

 

 

これは日本語で言う「~してもよろしいでしょうか?」や「~しても構いませんか?」に相当します。

 

 

 

注意点は、仮定法として使われる would が入るので、if節の動詞が過去形になる点です。

 

しかし、文法的には過去形が入るのですが、実際には現在形が使われているのもよく見かけます。

 

 

 

また、ok を alright にした「Would it be alright if ~?」でも同じ意味になります。

 

 

例文

 

Would it be OK if I used this computer?

 

→このパソコンを使ってもよろしいでしょうか?

 

 

Would it be OK if I took this home?

 

→これを家に持って帰っても構いませんか?

 

 

Would it be ok if I wore these shoes to the concert?

 

→コンサートにこの靴を履いて行っても大丈夫ですか?

 

 

Would it be alright if I used this as my twitter banner?

 

→これをツイッターのバナーとして使ってもよろしいですか?

 

 

Is it OK if の答え方

 

相手に「Is it OK if ~」と聞かれた場合、答え方は普通の疑問文と同じです。

 

 

OK ならYes.

Sure. / Of course.(もちろん) 

No problem.(問題ないですよ)

 

 

ダメなら No.

I'm sorry you can't. / I'm afraid you can't.(残念ですができません)

 

 

などとなります。