「It's better to」の意味と「It's better to A than B」の使い方【否定形に注意】

※当ブログの記事にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります

 

 

It's better to の意味と例文

 

It's better to +動詞の原形」の意味は「~する方が良い」です。

 

 

比較級「better」の「より良い」の意味から、「~の方が」のニュアンスが生まれます。

 

 

例文

It’s better to sleep early.

 

→早く寝た方が良い。

 

 

 

もし「誰々が」と強調させたい場合は、to の前に「for 誰々」という意味上の主語を入れてあげます。

 

例文

It's better for you to sleep early.

 

→あたなは早く寝た方が良いですよ。

 

 

このアドバイスは少し失礼な言い方(上から目線)では?という疑問がありますが、それはどちらかというと強制感のある「You'd better(You had better)」の方です。

 

 

It's better to の否定形

 

否定文にしたい場合、「not」の位置は「better not to」と「better to not」の2パターンあります。

 

 

学校のテストなどでは「not to do」が基本ですが、会話では「to not do」の形もよく使われます。

 

 

例文

Maybe it's better not to know.

 

→たぶん知らない方が良い。

 

 

It's better to not say anything.

 

→何も言わない方が良い

 

It's best to の意味

 

「better」を「best」に変えた「It's best to」の形もあります。

 

 

「better」は「どちらかというと~した方がいい」のニュアンスだとすると、「best」は「~するのがいい(するのが最適)」です。

 

 

~するに越したことはない」と訳されることもあります。

 

 

これは日本語の「~するのがベスト」と同じ意味なので分かりやすいと思います。

 

It's better to ~ than ~ の意味

 

応用として、「It's better to A than B」の形で「BよりもAする方が良い」と言うことができます。

 

 

Bには「to do」か「動詞のing」が入ります。

 

例文

It's better to sleep than waiting.

 

→待つよりも寝た方が良い。

 

 

It’s better to give than to receive.

 

→貰うよりも与える方が良い。

 

 

It's better to wake up early than staying up late.

 

It's better to wake up early than to stay up late.

 

→夜更かしするよりも早く起きた方が良い

 

「~しないよりも~した方がいい」の言い方

 

逆に「~しないよりも」と言いたい時は「than not to」か「than to not」の形になります。

 

例文

It's better to sleep than not to sleep.

 

It's better to sleep than to not sleep.

 

→寝ないよりも寝た方が良い。

 

より丁寧なのは It would be better to

 

ビジネスなどで、より丁寧に言いたい場合は「It would be better to」という言い方もあります。

 

 

更に「I think it would be better to ~」で「~した方が良いと思います」と言うこともできます。

 

 

It would be best to」と「best」に変更できるのも同様です。

 

その他の例文

 

Sometimes it’s better to be alone.

 

→時々、一人になる方が良い。

 

 

It's better not to watch.

 

→見ない方が良い。

 

 

It's better to avoid it.

 

→それを避けた方が良い。

 

 

It's better to end it now.

 

→今終わらせる方が良い。

 

 

It's better to sleep when it's raining.

 

→雨が降っている時は寝る方が良い。

 

 

It's better to fail than to not try anything.

 

→何もしようとしないよりも失敗する方が良い。

 

 

It would be better to stay home.

 

→家にいた方がいい。

 

 

It would be best to talk to him now than later.

 

→後で話すよりも今彼に話すのがいい。

 

 

It's best to know what to do.

 

→何をすべきか知るのがいい。

 

 

It's best to not make it a habit.

 

→それを習慣にしないのがベストだ。

 

 

It’s best to take a break from social media.

 

→ソーシャルメディアから離れるのがいい。

 

 

まとめ

 

・「It's better to +動詞の原形」は「~する方が良い」

 

・「It's better for 人 to」と意味上の主語を入れることで「誰々が」と強調することもできる

 

 

・否定形は「better not to」と「better to not」の2パターン

 

 

・「It's best to」で「~するのがいい(するのが最適)」になり、日本語の「~するのがベスト」が分かりやすい

 

 

・「It's better to A than B」の形で「BよりもAする方が良い」にあり、「B」には「to do」か「動詞のing」が入る

 

・「~しないよりも」は「than not to」か「than to not」の形

 

 

・より丁寧なのは「It would be better to」の形

 

 

 

同じ比較級を使った「~する方が~だ」に関しては「英語で「~する方が~だ」の言い方と応用の仕方」の記事をご覧ください。