「It's just that + 文章」の意味と使い方|「It's not that」との組み合わせ

 

 

「It's just that + 文章」の意味と使い方

 

It's just that + 文章」の意味は「ただ~というだけ」です。

 

 

日本語の例を上げると、相手に「~なの?」と聞かれて、「いやぁ、ただ~なだけだよ」の「~なだけだよ」に相当します。

 

It's just that I'm lazy.

→ただ怠けているだけだよ。

 

 

It’s just that I’m busy.

→ただ忙しいだけだよ。

 

 

It's just that I don't like this movie.

→ただ単にこの映画が好きじゃないってことです。

 

「It's not that」+「It's just that」の意味と使い方

 

「It's just that」を使い、「~じゃなくて、~です」も表現することができます。

 

 

例文として、アルベルト・アインシュタインの言葉を見てみます。

 

It's not that I'm so smart , It's just that I stay with problems longer.

 

これはよく以下のような日本語訳になっています。

 

私は天才ではありません。ただ、人より長く一つの事柄と付き合っていただけです

 

私はそれほど賢くはありません。ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけなのです

 

 

これは「It's not that ~(~ではなく)」+「It's just that ~(ただ~です)」という形になっている、1つの文章パターンです。

 

「It's just that」の例文

 

It's just that her voice doesn't fit the character.

→彼女の声がそのキャラに合っていないというだけ。

 

 

It's just that they don't know how to deal with it.

→彼らはその対処法を知らないだけです。

 

 

Sorry, It’s not that I’m ignoring your text, it’s just that I’m busy.

→ごめんなさい、メールを無視してるんじゃなくて、ただ忙しいんです。

 

 

It's just that our neighbor's cat had kittens recently, and she has yet to find homes for them.

→うちのご近所さんの猫が最近子猫を産んだんだけど、その子たちの飼い主がまだ見つかっていないってだけなのよ。

(速読速聴・英単語 Daily1500 ver.3 p32より)