「It's not that ~」の意味と使い方|「It’s not like」との違い

 

 

It's not that の意味と使い方

 

It's not +that節」は「~というわけじゃないけど」という意味があります。

 

 

例えば、「犬が好きじゃない(犬が嫌いな)わけじゃないけど、猫の方が好きです」という文。

 

英語では「It's not that I don't like dogs, but I like cats more.」になります。

 

 

 

意味と使い方は日本語と同じで、「~というわけじゃなく、~だよ」という文脈でよく使われます。

 

※その他の例文は後述します。

 

FF9の It's not that

 

It's not thatの意味と使い方

FF9より

 

It's not that I don't trust you…

 

信じてないわけじゃないけど…

 

 

It’s not like の意味と使い方

 

It’s not like +文」でも「It's not that +文」とほぼ同じ意味を表すことができます。

 

ただ、It’s not like の方は、日本で言う「"別に"~ではない」のニュアンスが含まれます。

 

例文

 

It’s not like I don’t like her.

 

→別に彼女のことが好きじゃないわけではないよ。

→別に彼女のことが嫌いなわけではないよ。

 

 

It's not like it's a secret.

 

→別に秘密というわけじゃないよ。

 

 

It’s not like I don't want to go. It’s just that I'm exhausted.

 

→別に行きたくないわけじゃなく、ただ疲れているんです。

 

 

It's not that + 形容詞

 

文法は異なりますが、「It's not that 形容詞」の形もあります。

 

こちらのthatは、that節ではなく「そんなに / それほど」を表す副詞として使われています。

 

 

ただ、意味的に近いものがあるので、合わせて覚えやすいフレーズです。

 

 

例文

 

It's not that simple.

 

→そんなにシンプルではない。

 

 

It's not that easy.

 

→そんなに簡単ではない。

 

 

It's not that bad.

 

→そんなに悪くはない。

 

 

It's not that special.

 

→それほど特別なことではありません。

 

 

It's not that の例文

 

A「It's not that I don't like you, just…」

B「Just what?」

 

 

A「君が好きじゃないということじゃなく、ただ…」

B「ただ何?」

 

 

 

It's not that he is a bad guy, but he's just shy.

 

→彼は悪い奴というわけではなく、ただシャイなんです。

 

 

It's not that I don't like cats. It's just that we don't get along.

 

→猫が好きでないということではなくて、ただ相性が良くないだけです。

(ENGLISH EX p262 より)

 

 

 

It's not that I want to cling to my position, but I'd like to fulfill my mission.

 

→私は自分の職にしがみつきたいというのではなく、任務をやり遂げたいのです。

(ENGLISH EX p244 より)

 

 

似た文法には「It's just +that節」があります。

 

「It's just that + 文章」の意味と使い方|「It's not that」との組み合わせ