「Let there be」の意味と文法。「Let there be light」の意味とは

 

 

Let there be の意味

 

Let there be ~」は「~がありますように」と訳されます。

 

よく知られているのは、

 

And God said, Let there be light: and there was light.

 

という聖書の一文です。

 

日本語訳は「神は「光あれ」と言われた。すると光があった」になります。

 

Let there be の文法と使い方

 

Let there be」は2つの文法が使われています。

 

 

1. 「let + 目的語 + 動詞の原形」は「目的語 に~させる」や「目的語に~するのを許す」

 

2. 「there is(are)」は there is 構文で「~がある」

 

※この場合の「~がある」は具体的なモノではなく、主に抽象的なものになります。

 

 

以上のことから、「Let there be light」は「(神が)光があることを許す」=「光あれ」になります。

 

 

他に let の使い方の例文をあげると、「Let me go!」があります。

 

意味は「放して!」です。

 

これは「私に行かせて / 私に行くのを許して」=「放して」となります。

 

 

Let me know.

なら

私に知らせて

私に教えて

 

 

I'll let you know when I get there

なら

着いたらあなたにお知らせします

になります。

 

Let there be の例文

 

Let there be peace in this world.

→この世界に(この世に)平和がありますように。

 

 

Let there be love.

→愛がありますように。

 

 

Let there be hope for our next generation.

→我々の次の世代に希望がありますように。