「live」と進行形「be living」の意味の違い|完了形での使い方

 

 

live と be living の意味と違い

 

live」と「be living」は、それぞれ意味が異なります。

 

 

 

まず、現在形で使われる「live」は普段のことを表します。

 

 

例えば、「I live in this apartment.」の意味は「私は普段このアパートに住んでいます」です。

 

そして、ここには「このアパートに長い間住んでいて、これからも住み続けるであろう」のニュアンスが含まれます。

 

 

 

I like sushi.」なら「私は寿司が好き」ですが、「昨日も今日も明日も、普段から寿司が好きであるという状態」を表します。

 

寿司が好きかどうかは毎日変わるものではありません。

 

 

そのような「普段の状態」を表すのが現在形です。

 

 

 

一方、進行形の「be living」は一時的な状態を表します。

 

よって、「I'm living in this apartment.」の意味は「私は一時的にこのアパートに住んでいます」になります。

 

 

I'm living in Tokyo.」なら「(一時的に)東京に住んでいる」です。

 

 

 

一時的とは、現在学生で就職したらそこを出ていく予定だったり、単身赴任で一時的にそこに住んでいる場合などです。

 

その一時的な状態を「be + ing」で表しています

 

 

完了形でも同じ使い分け

 

この使い分けは完了形でも同じです。

 

例文で比べてみます。

 

A. I have lived in Tokyo for ten years.

 

B. I have been living alone in Tokyo since last year.

 

A.「10年間、東京に住んでいる

 

B.「去年から東京で一人暮らしをしている

 

 

Aは「10年という期間住んでいる」を完了形(継続)で表しています。

 

引っ越す予定もなく、これからも住み続けるニュアンスを持つのは現在形「live」と同じです。

 

 

Bは現在完了進行形で継続を表しており、ニュアンス的には「be + ing」と同じです。

 

 

注意点は、完了形の場合は「since」や「for」で期間を示す必要がある点です。

 

まとめ

 

・現在形は普段のこと

・「live」は普段からそこに住んでいて、引っ越す予定もない

 

・進行形は一時的なこと

・「be living」は一時的に住んでいて、いずれ引っ越すであろう場合

 

 

・完了形の「have lived」「have been living」も同じ考え方

・ただし期間を表す「since」や「for」が必要