動詞「long」を使った「long to」と「long for」の意味と使い方|long の語源とは?

 

 

long to と long for の意味と使い方

 

long」は形容詞「長い」副詞「長く」という意味で、「ロング」としてカタカナでも使われます。

 

しかし、この long を動詞で使うと「切望する」という意味になります。

 

 

動詞「long」の3つの使い方

 

「long to do」→「~することを切望する」

 

「long for ~」→「~を切望する」

 

「long for(人) to do」→「(人)が~することを切望する」

 

 

日本語の「切望」は「欲しい」よりも意味合いが強いように、いずれの long もその意味合いは強めです。

 

 

また、日本語の「首を長くして待つ」と似ているため、覚え方もそのイメージをすると良いと思います。

 

チャーリーとチョコレート工場の long to 

 

映画「チャーリーとチョコレート工場」の終盤、ウィリー・ウォンカのセリフでこのようなものが出てきます。

 

チャーリーとチョコレート工場 より

映画「チャーリーとチョコレート工場」より

 

英語字幕

I've been longing to press that button for years.」 

 

直訳

私は長い間、そのボタンを押すことを切望していた

 

日本語字幕

「僕も初めて試すんだ」

 

 

このセリフが出てくるのが終盤で、ネタバレになるので詳しくは書けませんが、何のボタンなのかは是非映画をご覧ください。

 

FF9の long for

 

long forの意味と使い方

FF9 クジャのセリフより

 

Yes! This is the power I've longed for!!!

 

これが待ち望んでいた力だ!

 

 

このように、「~that I've longed for.」の形で「待望の~」という使い方もよく見かけます。

 

動詞の long の語源

 

形容詞の long と動詞の long は同語源です。

 

語源の古英語「langian」は「lengthen(長くする)」と「long for(切望する)」の両方の意味を持っていました。

 

そこから、現在の2つの意味を持つ long になっていきます。

 

 

そもそも、なぜ「長い」と「切望」が同じ単語なのかは、「長く思い続ける = 切望する」から来ているとも言われますが、詳細は不明のようです。

 

 

ちなみに、「belong」も同じ語源群に含まれます。

 

「be(~の近くに)」+「long(切望するもの)」

 

そこから、「所属する」や「(誰々の)ものである」となります。

 

long to / long for の例文

 

I long to meet her.

 

→私は彼女にとても会いたい。

 

 

He Is longing to see his ex-girlfriend again.

 

→彼はまた元カノに会いたがっている。

 

 

They longed for peace.

 

→彼らは平和を望んだ。

 

 

He is longing for a chance to talk to me.

 

→彼は私と話すチャンスを待ち望んでいる。

 

 

Her mother longs for her to come back safe and sound.

 

→彼女の母親は彼女が無事に帰って来ることを望んでいる。