「make a point of doing」の意味と覚え方|「make it a rule to」は古い?

 

 

make a point of doing の意味と使い方

 

make a point of doing」の意味は「~するようにしている」や「決まって~する」です。

 

make it a point to do」でも同じ意味になります。

 

 

例えば「毎日新聞を読むようにしています」という文。

 

これは「I make a point of reading the newspaper every day.」となります。

 

 

日曜日に子供たちと過ごすようにしていた / 決まって子供たちと過ごした

 

なら

 

I made a point of spending Sundays with my children.

 

となります。

 

ここには自然の成り行きではなく、意識的に何かをするというニュアンスが含まれます。

 

 

逆に、「~しないようにしている」の場合は「make a point of not doing」の形になります。

 

 

覚え方としては、「(日々の生活の中で)~するポイントを作っている」と考えるとイメージが湧きやすいと思います。

 

 

また、言い換え表現として「make it a rule to do」がありますが、こちらは古い言い方なので、最近はあまり使われません

 

make a point of doing の例文

 

I always make a point of exercising.

→私はいつも運動するようにしています。

 

 

I make it a point to check my email every morning.

→私は毎朝メールをチェックするようにしています。

 

 

I make it a point to write my to do list everyday.

→私は毎日ToDoリストを書くようにしています。

 

 

I make a point of not eating breakfast.

→私は朝食を食べないようにしています。

 

 

I make it a point not to meet with those people.

→私はそのような人たちには会わないようにしています。

 

 

I make a point of telling my students that they're doing a great job.

→私は生徒たちによくできていると言うことにしている。

 

 

She makes a point of having a cup of coffee at the local coffee shop every Saturday.

→彼女は決まって毎週土曜日に地元のコーヒーショップでコーヒーを飲む。