「make believe(ふりをする)」は何故このような意味になる?

 

 

make believe が「ふりをする」になる理由

 

make believe」の意味は「~のふりをする」や「~ごっこ遊びをする」です。

 

後ろには that節が続きます。

 

 

例文

My son likes to make believe he's a pirate.

→私の息子は海賊ごっこをするのが好きです。

 

 

When the kids made believe they were dinosaurs, they were scolded by their mother.

子どもたちが恐竜ごっこをしていたら、お母さんに叱られた。

(DUO3.0 より)

 

 

この表現の意味が取りにくい理由は、間の単語が省略されているからです。

 

 

make believe の間に省略されている単語

 

make believe の間には「oneself」が省略されています

 

文法的には「make + O + C」の形で、意味は「OをCさせる」です。

 

 

つまり、「make myself  believe」なら「自分自身をそう信じ込ませる」になり、そこから「ふりをする」が生まれます。

 

 

先ほどの例を見てみます。

 

My son likes to make (himself) believe he's a pirate.

 

直訳だと「私の息子は自分自身を海賊だと信じさせることが好きです」になります。

 

要は「自分が海賊になりきる海賊ごっこをするのが好き」ということを意味しています。

 

 

oneself が省略されるのは慣用表現だからという理由です。