MENU

英語の「mania」と「maniac」の意味。英語で「何々オタク」は何と言う?

 

マニア」や「マニアック」という言葉は日本語でも浸透ています。

 

しかし、英語の「mania」と「maniac」は日本語の意味とは少し異なるので注意が必要な単語です。

 

その意味と発音の違いを1つずつ見ていきます。

 

 

mania の意味

 

まず、日本語の「マニア」は和製英語です。

 

正確に言うと、英語とは違う意味で使われています

 

英語の「mania」は状態や状況を表す名詞として使われます。

 

 

例えば、東京ディズニーシーに「トイ・ストーリー・マニア」というアトラクションがあります。

 

これは「トイ・ストーリーオタク」ではなく、「トイ・ストーリー関連のものが至る所にある状況や場所」を指しています。

 

 

他にも、「train mania」は電車オタクのことではなく、「電車や電車のグッズなどが沢山ある状況や場所」という意味になります。

 

Wikipedia の鉄道狂時代のページにはこうあります。

 

英語ではRailway Maniaと頭文字を大文字にして表記され、日本語では「鉄道狂時代」と訳したり、そのままカナで「レールウェイ・マニア」と呼んだりする。日本語で鉄道マニアというと鉄道ファンのことを指すが、Railway Maniaという言葉はそれとは全く関係がなく、鉄道を趣味の対象としてではなく、投資(投機)の対象として熱中することを指している。英語で鉄道ファンのことはrailfanやrailway enthusiastなどと呼ぶ。

(Wikipedia - 鉄道狂時代 より)

 

 

よって、英語の「mania」は人に対して使いません

 

ちなみに、mania の語源は「狂気」を意味するギリシャ語にあります。

 

mania の発音

 

「mania」の発音記号

 

méɪniə

 

カタカナにすると、「メイニア」になります。

 

maniac の意味

 

maniac」は人に対して使われます。

 

しかし、英語の maniac には、「狂人」や「ヤバいやつ」、それに関連する「犯罪者」のような、ネガティブなイメージがあります。

 

mania の語源の狂気とも関連してきます。

 

 

よって、maniac は使い方には注意が必要な単語です。

 

更に、「○○マニア」としてこの maniac が使われることはあまりありません

 

maniac の発音

 

「maniac」の発音記号

 

méɪni`æk

 

カタカナにすると、「メイニアク」になります。

 

英語で「オタク」「マニア」は何と言う?

 

それでは、「○○オタク」や「○○マニア」は英語では何というのでしょうか。

 

日本語のオタクやマニアに近い言葉として、「geek(ギーク)」や「nerd(ナード)」が使われます。

 

 

例文

I'm a train geek.

 

→私は電車オタクです。

 

 

He's a train nerd.

 

→彼は電車オタクです。

 

 

もしくは、「fan(ファン)」を使うこともできます。

 

例文

She's a big fan of trains.

 

→彼女は電車の大ファンです。

 

 

ただし、日本語のオタクやマニアと同様に、geek や nerd も必ずしもポジティブな意味とは限りません。

 

文脈だったり、人によっても変わってきます。

 

その辺りは注意な必要な表現でもあります。

 

まとめ

 

・日本語と英語の「マニア」の意味は違う

 

・英語の「mania」は状況や状態を表す名詞

・発音は【méɪniə】

 

・英語の「maniac」はネガティブなイメージ

・「○○マニア」の意味で使われることはあまりない

・発音は【méɪni`æk】

 

・英語でオタクやマニアは「geek」や「nerd」

・ポジティブにもネガティブにも捉えられるので注意

・「a big fan of ~」という言い方もある