英語で「絶対に~しない」や「絶対にしないで下さい」はどう言えばいい?

 

 

英語で「絶対に~しません」

 

英語で「絶対に~しません」や「二度と~しません」は「be never going to」を使って表現できます。

 

強い否定を表す「never」未来形「be going to」を組み合わせることにより、「絶対に~しない」という意味になります。

 

 

この文法を使った有名な文に「I'm never going to drink again.」があります。

 

意味は「もう二度とお酒は飲みません」。

 

お酒で失敗したり二日酔いになった時に言うセリフですが、そう言いつつも数日後には飲んでいるという、お決まりのパターンです。

 

 

会話ではよく「I’m never gonna」と短縮されます。

 

発音は「gonna(ガナ)」に never が付いた形なので「アイム ネヴァガナ」のように聞こえます。

 

never going to と not going to の違い

 

never going to と not going to の違いは否定の強さの違いです。

 

 

例えば、「That’s never going to happen.」の場合。

 

意味は「そんなことは決して起こらないだろう」です。

 

一方、「That’s not going to happen.」の意味は「そんなことは起こらないだろう」です。

 

 

never には日本語の「絶対に」や「決して」のニュアンスが含まれています。

 

英語で「絶対にしないで下さい」

 

絶対にしないで下さい」も never を使います。

 

「~しないで」と命令形になるので、「Please never do this.」となります。

 

この this は対象によって、that や it などに変わります。

 

 

また、again を付けて「Please never do that again.(そんなことは二度としないで下さい)」。

 

Please never do that to me again.(二度と私にやらないで下さい)」のように、「to 誰々」を付け足すことも可能です。

 

 

この応用として、

 

I would never do that.(私は決してそんなことはしません)

I would never do that to you.(私は決してあなたにそんなことはしません)

 

と言うことができます。

 

この would は仮定法の「~だろう」のニュアンスで使われています。