MENU

例文で見る「nothing but」と「anything but」の使い方と違い

 

 

nothing but の意味と使い方

 

nothing but」の意味は、よく「~にすぎない」と訳されます。

 

入れる位置がイマイチ分からない、という声も聞きます。

 

位置の覚え方としては、副詞としての使い方を意識すると分かりやすくなります。

 

 

nothing but を言い換えると「only(ただ~だけ)」です。

 

よって、only の位置に入れることができます

 

 

only との違いは、nothing but の方が堅い言葉という点。

 

そして、「~以外(but)は何もない(nothing)」のニュアンスが含まれている点です。

 

そのことを踏まえて、例文を見てみます。

 

例文

 

nothing but you

→あなただけ

(曲名)

 

 

I ate nothing but junk food today.

 

→今日はジャンクフードしか食べなかった。

 

 

She buys nothing but skinny jeans.

 

→彼女はスキニージーンズしか買わない。

 

 

I heard nothing but terrible things about him.

 

→彼については酷いこと(酷い噂)しか聞いていない。

 

 

She'd had nothing but bad luck.

 

→彼女は運が悪かっただけだ。

(ロングマン現代英英辞典 より)

 

 

In my opinion, permanent peace is nothing but an illusion.

 

→私の考えでは、恒久的な平和など幻想にすぎない。

(DUO3.0 より)

 

 

It seems like there is nothing but bad news.

 

→悪いニュースしかないかのようです。

(Daily1500 ver.3 p42 より)

 

 

 

[To consider that we can pay taxes to end hurricanes and droughts is nothing but a joke]

 

「do nothing but + 動詞の原形」の意味

 

do nothing but + 動詞の原形」の形になると、少し違うニュアンスが出てきます。

 

 

例えば、「They do nothing but complain.」。

 

意味は「彼らは文句ばかり言っている」です。

 

「文句を言う以外何もしない」という所から「~してばかりいる」の意味が生まれます。

 

 

例文

 

Babies do nothing but cry.

 

→赤ちゃんは泣いてばかりいる。

 

 

He does nothing but lie.

 

→彼は嘘ばかり言います。

 

 

She does nothing but work.

 

→彼女は働いてばかりいます。

 

 

Your father does nothing but talk about you.

 

→あなたの父はあなたのばかり話します。

 

 

I'm gonna do nothing but read today.

 

→今日は読書ばかりするつもりです。

 

 

anything but の意味と使い方

 

anything but ~」の意味は「(性質が)決して~ではない」という強い否定を表します。

 

~の部分には名詞か形容詞が入ります。

 

 

何故このような意味になるのかというと、「anything = 何か / 何でも」と「but = ~以外 / ~ではない」の意味から生まれます。

 

例えば、「He is anything but kind.(彼は決して親切ではない)」という文。

 

これは、

 

・「彼は kind 以外の何かです

・「彼は kind 以外の何でも当てはまります

 

という所から「決して kind ではない」となります。

 

 

例文

 

She's anything but shy. 

 

→彼女は決して内気ではない。

 

 

She's anything but stupid.

 

→彼女は決して愚かではない。

 

 

This pandemic is anything but over.

 

→このパンデミックは決して終わったわけではない。

 

 

Your help team is anything but helpful.

 

→あなたのヘルプチームは決して役に立たない。

 

 

Joe is anything but diligent. That's why he flunked math again.

 

→ジョーが勤勉なんてとんでもない。だからまた数学を落としたんだ。

(DUO3.0 より)

 

 

もう1つの anything but の訳し方

 

基本的に考え方は同じですが、「動詞 + anything but」の場合は若干訳し方が変わります。

 

 

例えば、「I eat anything but tomato.」という文。

 

意味は「トマト以外なら何でも食べます」です。

 

英文を逆から読めば「tomat(トマト) but(以外) anything(何でも) eat(食べる)」となるので、こちらの方がイメージしやすいかもしれません。

 

 

もう1つ例文をあげます。

 

I'll do anything.」の意味は「何でもします」です。

 

これに but を続けた「I'll do anything but ~」の形で「~以外何でもします」という意味になります。

 

 

例文

 

He can play anything but QB.

 

→彼はクォーターバック以外ならどこでもプレイできます。

 

 

I'll do anything but that.

 

→それ以外なら何でもします。

 

 

I'll do anything but work.

 

→仕事以外何でもします。

 

 

I'll do anything but wash dishes.

 

→皿洗い以外なら何でもやります。

 

 

I'll do anything but what I have to be doing.

 

→私がしなければならないこと以外何でもやります。

 

 

否定文の anything but に注意

 

注意点は、否定文の anything but です。

 

意味は「~以外なにも(ない)」で、上記の【動詞 + anything but】の否定形と考えるのが分かりやすいと思います。

 

 

例文

 

I can't speak anything but English.

 

→私は英語以外話せません。

 

 

I can't see anything but you.

 

→あなた以外見えません(=あなたしか見えません)。

 

 

I couldn't do anything but that.

 

→それ以外何もできなかった。

 

 

I don't want anything but good news this week.

 

→今週は良いニュース以外欲しくない。

 

 

まとめ

 

・「nothing but」の意味は「~だけ」「~にすぎない」

・「~以外は何もない」のニュアンス

・「only」と同じような表現と使い方ができる

・「do nothing but + 動詞の原形」の形で「~してばかりいる」

 

・「anything but」は「決して~ではない」という強い否定

・「動詞 + anything but」は「~以外なら何でも~」

・否定文の anything but は「~以外何も(ない)」