「小さめ」「高め」などの「~め」は英語でどう表現する?

 

 

英語で「小さめ」などの「~め」

 

大き目」や「小さ目」、「短め」などの「~め」。

 

これを英語では「on the ~ side」と表現し、「~」の部分には形容詞が入ります。

 

 

例えば、「小さめ」なら「on the small side」と表現します。

 

 

もし「(服などが)私にとってはちょっと小さめ」と言いたい場合。

 

英語では「It's a bit on the small side for me.」になります。

 

 

 

靴が小さめ

 

と言いたいなら

 

These shoes are a little on the small side.」

 

となります。

 

 

他には、

 

She is on the short side.」

彼女は背が低め = 背が低い方である

 

 

She is on the tall side for women.

彼女は女性にしては背が高い方です

 

 

This dog bed might be a little on the big side.

この犬用ベッドは少し大きめかも

 

 

Unemployment is on the high side.

失業率は高め

 

 

このように、「主語 be動詞 on the 形容詞 side」の形で「主語は~目」と言うことができます。

 

 

間には、サイズや高低を表す形容詞が入ることが多いです。

 

英語で「~気味」

 

それ以外にも、「~気味」のニュアンスを持つことがあります。

 

 

ALL IN ONE の例文176 にはこうあります。

(前半省略)

the CEO's disposition is not optimistic;

it is, if anything, on the pessimistic side.

 

最高経営責任者の性格は楽観的ではなく、どちらかと言えば悲観的だよ

 

※disposition → 性格 / 気質

 if anything → むしろ / どちらかと言うと

 

 

このように、「on the pessimistic side」で「悲観気味 = 悲観的な傾向にある」を表しています。