英語で「こだわる」や「こだわりがある」の2つの言い方

 

 

英語で「こだわる」

 

日本語の「こだわる」は「picky」で表すことができます。

 

「picky」は「~を選ぶ」という意味の動詞「pick」から来ています

 

それを意識すると、形容詞「picky」の意味も掴みやすくなると思います。

 

そこから、「picky」の意味は「細かいことにこだわる」や「選り好みをする」になります。

 

また、食べ物の好き嫌いがある人のことを「picky eater」と言います。

 

You are picky.

→こだわりがあるね。

 

She is really picky.

→彼女はとてもこだわる。

 

I'm not a picky eater.

→(食べ物の)好き嫌いはありません。

 

英語で「こだわりがある」

 

英語で「こだわりがある」や「こだわりを持っている」と言いたい場合、主に2つの言い方があります。

 

1つ目は先述の「picky」を使います。

 

be picky about ~」の形で「~にこだわりがある」となります。

 

日本語的には「~にうるさい」とも言えると思います。

 

 

2つ目は「特定の」という意味のある形容詞「particular」を使います。

 

こちらも使い方は同様で、「be particular about ~」で「~にこだわりがある」となります。

 

また、「very particular」のように強調させ、「強いこだわりがある」と言うこともできます。

 

He is picky about material.

→彼は生地にこだわりがある。

 

I'm picky about what I eat.

→私は自分が食べるものに関してこだわりがあります。

 

I'm picky about sausage.

→私はソーセージに関してはうるさいです。

 

I'm very particular about food.

→私は食に強いこだわりがある。

 

She’s super particular about the water she drinks.

→彼女は飲む水に超こだわります。

 

I'm not particular about anything.

→特にこだわりはありません。

 

Any apartment will do as long as the rent is low. I'm not particular about it.

→家賃が安ければ、どんなマンションでも構いません。こだわりはありませんから。

(DUO3.0より)