1から英会話力・語彙力UPを目指す

英語をコツコツ鍛錬する英語勉強ブログ

「延期する」を英語で言うと? 3つの言い方とニュアンスの違い

 

「延期する」を英語で言うには、いくつかの表現があります。

 

学校や受験の時などに勉強したと思います。

 

しかし、実はそれぞれ少しずつニュアンスが異なっています。

 

そこで、それらの違いを1つずつ見ていこうと思います。

 

 

put off

 

「延期する」と聞いて思い出すのが「put off」というイディオムです。

 

これはどちらかというと、「先延ばし」や「後回し」というニュアンスの延期です。

 

例えば、やらなければならない仕事を先延ばししたり、あまり気が進まないから後回しにして別なことをやるなどです。

 

英語のことわざ(格言)に、このようなものがあります。

 

Don't put off till tomorrow what you can do today.

→今日できることを明日に延ばすな

 

この文章から、何となく「put off」の感覚が伝わります。

 

 

push back

 

もう1つが「push back」です。

 

単語からも想像できるように、物事を後ろ(back)に押す(push)となります。

 

これは主に予定や行事など、スケジュールの日時をずらすときの延期です。

 

「push back ~」で「~を延期する」

「主語 be pushed back」で「主語が延期される」

となります。

 

 

postpone

 

最後は「postpone」です。

 

読み方は「ポウスポウン」で、「t」を発音しない単語の例で上がることもあります。

 

この「postpone」は先延ばしにも予定などの延期にも使うことができます。

 

ただし、フォーマルな言葉なので、主にビジネスや正式な場などの硬い場面で使われます。

 

日常会話だと「put off」や「push back」の方が多く使われます。

 

「postpone ~」で「~を延期する」

「主語 be postponed」で「主語が延期される」

となります。

 

 

例文

 

I'm going to put off work until tomorrow.

→仕事は明日に延ばします。

 

He keeps putting off buying a new dictionary.

→彼は新しい辞書を買うことを先延ばしにし続けている。

 

Japan pushed back new emperor’s enthronement
parade.

→日本は天皇陛下の即位祝賀パレードを延期した。

 

The meeting was postponed.

→ミーティングは延期された。

 

I postponed going to the gym.

→ジムに行くのを延期した。

 

The deadline was pushed back to next Wednesday.

→締め切りは次の水曜日に延期された。

 

Our trip was postponed until next summer.

→私たちの旅は今度の夏まで延期された。