英語の「変顔」はニュアンスの違う2つの言い方がある!

 

 

「変顔」を英語で言うと?

 

変顔は英語で「silly face」と言います。

 

「Silly」「馬鹿げた」「愚かな」「くだらない」という意味の形容詞です。

 

ただし、そこまでキツイ意味ではありません。

 

例えば、

 

「you are so silly」

 

は相手を本当に馬鹿にしているわけではなく、

 

・「おバカさん」

・「あんたおもろいな~」

・「お前アホやな~」

 

というニュアンスです。

 

もしくは英語版「愛すべき馬鹿」と言ってもいいかもしれません。

 

ネガティブではなく、どちらかというとポジティブ寄りです。

 

そこから、「silly face」は日本語の「変顔」を表します。

 

直訳だと「馬鹿げた顔」や「愚かな顔」になりますが、

 

どちらかと言うと、「おちゃめな顔」です。

 

また、「make a silly face」「変顔をする」になります。

 

 

「funny face」の意味

 

似たような言葉に「funny face」と言うのがあります。

 

こちらも同じく「おかしな顔」「変な顔」「面白い顔」などを表します。

 

しかし、これはどちらかと言うと、「個性的な顔」です。

 

 

「silly face」の「変な顔(をする)」に対し、

 

「funny face」は「その人が生まれつき持っている顔」というニュアンスがあります。

 

 そのため、「funny face」は「個性的な顔立ち」になります。

 

そしてそこから、「個性的で、魅力を感じたり印象に残る顔」という意味になります。

 

そのような、主に女性を褒める意味を含むようになったのは、

 

オードリー・ヘプバーンの「パリの恋人」からとも言われています。

 

 

また、「make a funny face」「変な顔をする」という意味になります。

 

が、日本語の「変顔」に近いのは「silly face」の方だと思われます。

 

 

映画「Funny Face」

 

オードリー・ヘプバーンの映画に「パリの恋人」というのがあります。
 
それの原題が「Funny Face」です。

 

有名な映画「雨に唄えば」のスタンリー・ドーネン監督作品であり、
オードリー・ヘプバーン初めてのミュージカル映画です。

 

そこで出てくるのがこの歌詞です。

 

「I love your funny face.
Your sunny, funny face.
For you're a cutie, with more than beauty」

 

オードリーに対して使う「funny face」は「個性的で魅力的な顔」を通り越し、「美しさと可愛さが同居する唯一無二の顔」だと思ってしまいます。
 
 

Amazon プライム・ビデオで見る