「six feet under」の意味は6フィート下ではない? スラング的な意味とは。

 

six feet under」を直訳すると「6フィート下」になります。

 

しかし、これにはスラングとしての意味も持ちます。

 

日本は火葬が主流ですが、アメリカは土葬が多いです(イギリスは日本ほどではないものの、火葬の割合が高いです)。

 

土葬する際、6フィート(約183センチ)の穴を掘り、そこに埋葬します。

 

つまり、「six feet under」とは「死んで埋められた状態(=死んだ)」という意味になります。

 

ただ、埋葬する穴は実際に6フィートとは限らないようです。

 

 

この「six feet under」は形容詞的に使われます。

 

意味と使い方は「dead」とほぼ同じです。

 

He is already six feet under.

→彼は既に死んでいる。

 

They'll end up six feet under.

→彼らは結局死ぬことになるだろう。

 

I won't get a good rest until I'm 6 feet under.

→死ぬまでにゆっくり休むことはできないだろう。

 

 

「six feet under」はドラマや映画、曲の歌詞などにも登場するため、覚えておいて損はない表現だと思います。