日本語と英語の「snack(スナック)」は全然違う!動詞「snack」の意味とは?

 

snack」はスナックとしてカタカナにもなっています。

 

実は、それを動詞として使うことができます。

 

更に、日本語と英語では意味が異なるので注意が必要な単語です。

 

 

動詞の snack の意味と使い方

 

名詞「snack」は「おやつ」という意味もありますが、「軽食」や「間食」としても使われます。

 

それを動詞として使うと、「軽食を取る」や「間食する」になります。

 

 

例えば、「I snack at night.」という文。

 

意味は「(いつも)夜に間食します」です。

 

現在形は普段のことを表すので、現在形snack は「いつも間食する」のニュアンスを含みます。

 

 

I can't stop snacking.」なら「間食をやめられない」になります。

 

ダイエット中の人が言ったら、「(ダイエット中にもかかわらず)お菓子をやめられない」となり、もはや失敗です。

 

 

~を」と言いたい時は「on」が続きます。

 

I snacked on potato chips.(ポテチを食べた)」

 

 

このように、snack は自動詞的にも使うことができる便利な単語です。

 

snack bar の意味

 

snack bar」の意味は「軽食堂」で、持ち帰りもできるような場所を指します。

 

映画館のポップコーンや飲み物が売っている場所に座席が複数置いてあるイメージです。

 

 

日本ではカラオケスナックなどを「スナック」と言いますが、「snack bar」はアルコールを出すところは少ないです。

 

アルコールを提供するのは「bar」で、これはアメリカ英語です。

 

イギリスでは「pub」と言います。