「Sounds fun」と「Sounds like fun」の違いは文法の違い

 

 

sounds fun と sounds like fun の違い

 

That sounds fun.」と「That sounds like fun.」の意味は「楽しそう」や「面白そう」です。

 

会話ではよく That が省略された「Sounds fun.」「Sounds like fun.」としても使われます。

 

 

では、この2つは何が違うのかというと、品詞が異なります

 

そして文法的には、

 

sounds の後ろには形容詞が続く

sounds like の後ろには名詞が続く

 

このような違いがあります。

 

 

つまり、

 

That sounds fun. の fun は形容詞

That sounds like fun. の fun は名詞

 

という違いです。

 

形容詞は「楽しい」、名詞は「楽しみ」という意味を持ちます。

 

 

そこから、どちらの文章も言っていることは同じになります。

 

形容詞「fun」はアメリカ英語?

 

もともと「fun」は名詞としての用法が基本でした。

 

しかし、主にアメリカにおいて、形容詞としても使われるようになっていきます。

 

名詞の形容詞化です。

 

 

よって、「That sounds fun.」はアメリカ英語寄りと言えるかもしれません。

 

が、イギリスで使われてないかというと、普通に使われています。

 

もちろん英語圏は広いので地域差はあるかもしれませんが、使い方はいずれも同じです。

 

 

結論としては、「sounds fun」と「sounds like fun」の意味は同じだけど文法が違う、になります。