1から英会話力・語彙力UPを目指す

英語をコツコツ鍛錬する英語勉強ブログ

「stumble across」の意味

「stumble across」の意味

 「stumble」「つまずく」「よろめく」という自動詞。

「across」「横切って」「渡って」などという前置詞、または副詞です。

 

その2つが合わさって「stumble across」になると、「偶然見つける」「偶然発見する」という意味になります。

 

「across」の代わりに「on」「upon」にしても同じ意味になります。

ただし、「upon」の頻度は低めです。

 

「stumble across」の後に入るのは「モノ」がメインです。

「stumble across(モノ)」で「偶然(モノ)を見つける」になります。

 

また、後ろに「人」が入ることもあります。

しかし、「stumble across (人)」の場合は、どちらかというと日本語の「発見する」というニュアンスになります。

 

例えば、「探していた人を偶然発見する」「ネットで自分と同じ考えの人を発見した」

または「偶然遺体を発見する」という場合にも使えます。

 

そのため、「友達と偶然会う」や「バッタリ会う」というニュアンスとは少し異なります。

ただし、街中で友達を「発見した」と言うこともあるので、文脈や言い方によるのかもしれません。

 

例文

I stumbled across this tweet.

→私は偶然このツイートを発見した。

 

this is what I stumbled across.

→これは私が偶然発見したものです。

 

I stumbled across this movie.

→私は偶然この映画を見つけた。

 

I stumbled across this on YouTube yesterday.

→昨日、偶然これをyoutubeで見つけた。

 

The journalist stumbled on the truth.

→そのジャーナリストは偶然真実を見つけた。

 

He stumbled across these pictures.

→彼は偶然これらの写真を見つけた。

 

She stumbled across this book at the library.

→彼女は偶然この本を図書館で見つけた。

 

He stumbled across a body or something.

→彼は遺体か何かを発見した。

 

今日は「偶然見つける」や「偶然発見する」という意味の「stumble across(on / upon)」でした。