MENU

英語で「体に気を付けてね」や「風邪を引かないでね」はどう言えばいい?

 

相手との別れ際にて。

 

・お体に気を付けてください

・お体を大切にしてください

・お大事にしてください

・風邪を引かないように

・元気でね

 

等々、相手を気遣う言葉があります。

 

英語ではいくつか言い方があるので、1つずつ見ていきます。

 

 

英語で「体に気を付けて」

 

1つ目は「Take care of yourself.」です。

 

これは日本語の「体に気を付けて」や「お大事に」という、相手の体調を気遣う言葉全般に使える便利なフレーズです。

 

直訳すると「あなた自身を大事にして」になります。

 

直訳を日本語的にした場合は「ご自愛ください」に近いかもしれません。

 

 

丁寧に言いたい場合は、

 

Please take care of yourself.

 

もしくは

 

Please take good care of yourself.

 

となります。

 

 

カジュアルな場合は「Take care.」と短縮された形になります。

 

これは友達や親しい人同士の「じゃあね」「またね」「それじゃ」とも訳すことができます。

 

 

また、具体的に健康や体を示したい場合は、

 

Take care of your health.

Take care of your body.

 

 と言うこともできます。

 

いずれも動詞から始まるので命令文ではありますが、慣用的な表現のため、「~してね」というニュアンスになります。

 

英語で「風邪を引かないで」

 

「風邪を引かないで」は2つの言い方があります。

 

Don't catch a cold.

Don't get sick.

 

もう少し丁寧になると「I hope you don't get sick.(あなたが風邪を引きませんように)」と言います。

 

相手に言われた時の返事

 

相手にこれらのフレーズを言われた時は、「Thanks.」や「You too.」。

 

もしくは「Thanks, you too.(ありがとう、あなたもね)」とお返しします。

 

その他の言い方

 

その他の言い方

 Stay healthy.

 

→健康でいてね(元気でいてね)。

 

 

 Stay warm.

 

→温かくしてね。

 

 

Stay safe.

 

→安全でいてね(=どうかご無事で)

 

 

Look after yourself.

 

→Take care of yourself. と同じで、主にイギリス英語圏で使われます。 

 

いずれも、文頭に「Please」を付けることにより、丁寧になります。