1から英会話力・語彙力UPを目指す

英語をコツコツ鍛錬する英語勉強ブログ

「ワイスピ」の原題「The Fast and the Furious」

「ワイルド・スピード」の原題は「The Fast and the Furious」!?

 

「The Fast and the Furious」の意味

 

日本でも人気のカーアクション映画「ワイルド・スピード」

通称「ワイスピ」は男性のみならず、女性にも人気があり、多くのシリーズが作られています。

 

また、日本車をはじめ、数多くの車が登場するため、カーアクション映画好きだけではなく、車好きの方にも注目されています。

 

そのワイスピの原題が「The Fast and the Furious」です。

 

「Fast(ファスト)」「速い」「急速な」などという形容詞。

「Furious(フュァリアス)」「激怒した」「怒り狂った」「荒れ狂う」「猛烈な」などという形容詞。

 

そこから、「fast and furious」「猛烈な勢いで」「急激に」などという意味です。

そのため、「The Fast and the Furious」「もの凄い勢いで車が爆走する映画」になっています。

そう考えると、邦題である「ワイルド・スピード」は少し抑えめな感じがします。

 

邦題と原題一覧

 

「ワイルド・スピード」を冠する作品は現在9作品あります(短編除く)。

それぞれ邦題と原題が異なるため、公開順に1つずつ見ていきます。

 


<1作目>

ワイルド・スピード

→The Fast and The Furious

 

<2作目>

ワイルド・スピードX2

→2 Fast 2 Furious

 

<3作目>

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

→The Fast and the Furious : Tokyo Drift

 

<4作目>

 ワイルド・スピード MAX

→Fast & Furious

 

<5作目>

ワイルド・スピード MEGA MAX

→Fast Five

 

 <6作目>

ワイルド・スピード EURO MISSION

→Fast & Furious 6

 

<7作目>

ワイルド・スピード SKY MISSION

→Furious 7

 

<8作目>

ワイルド・スピード ICE BREAK

→The Fate of the Furious

 

<9作目>

ワイルド・スピード/スーパーコンボ

→Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw


 

こうしてみると、原題と比べて「ワイルド・スピード」自体は控えめに感じるものの、サブタイトルの方は邦題の方が男心をくすぐるのでは?

と思ってしまいます。

 

しかし、海外では実際に「wild speed」やサブタイトルもカッコいいと一定の評価を得ているようです。

 

それと、タイトルの「the」の有り無しは、登場人物やテーマに何らかの意味を持たせているのかもしれません。

 

今日は「ワイルド・スピード」の原題「The Fast and the Furious」でした。

 

ワイルド・スピードシリーズ

ワイルド・スピードシリーズ(Amazon)