「thunder」「lightning」「thunderbolt」の意味と違い|英語で「雷が落ちる」は何と言う?

 

 

thunder と lightning の意味と違い

 

辞書で「」を引くと、「thunder(サンダー)」や「lightning(ライトニング)」が載っています。

 

実はこの2つは違う現象になります。

 

 

thunder」は「雷の音」を指し、日本語で言う「雷鳴」です。

 

雷の語源は「神鳴り」であるように、ゴロゴロという音が thunder になります。

 

 

lightning」は「雷の光」を指し、日本語で言う「稲妻」や「稲光」です。

 

単語内に light があるように、ピカッが lightning になります。

 

 

日本語の雷は「ピカッ」と「ゴロゴロ」の両方を指すことが多いです。

 

英語でその現象を表すには、「thunder and lightning」を使います。

 

thunderbolt の意味

 

thunderbolt(サンダーボルト)」の意味は「雷鳴と稲妻が伴うもの」、「落雷」や「雷電(かみなりと稲妻)」です。

 

日本語の雷の意味に近い単語です。

 

 

が、どちらかと言うと専門用語的な単語になります。

  

そのため、英語で雷は一般的に「thunder」と「lightning」が使われます。 

 

英語で「雷が落ちる」

 

英語で「雷が落ちる」は「lightning」を使います。

 

落ちるのは「thunder(音)」ではなく、「lightning(光 / 稲妻)」だからです。

 

Lightning strikes trees.

→雷が木に落ちる。

 

 

The tree was struck by lightning.

→木に雷が落ちた。

 

まとめ

 

・「thunder」は雷の音(ゴロゴロ)

 

・「lightning」は雷の光(ピカッ)

 

・「thunder and lightning」は音+光を伴っている状態

 

・「thunderbolt」は落雷や雷電(雷鳴と稲妻が伴うもの)で少し専門的

 

・「雷が落ちる」の雷は lightning を使う