MENU

聖剣伝説3で英語の勉強 part6【リメイク版TRIALS of MANA】

 

聖剣伝説3で英語の勉強 第6回。

 

今回は特殊なしゃべり方をするシャルロットが登場でち。

英語版はシャルロットボイスが少し大人です。

 

※動画のリンクは記事の最後にあります。

※画像をクリックすると拡大します。

※スマホからだと見にくいため、文字起こししています。

 

聖剣伝説3で英語の勉強

聖剣伝説3 より

 

聖剣伝説3 シャルロットの英語+α

 

聖剣伝説3で英語の勉強

聖剣伝説3 より

I am glad. I hope that we reach Wendel hale and hearty.

 

 

hale and hearty → 元気旺盛で / 達者で

 

hale(ヘイル)」は「(老人などが)元気な」。

hearty」も「元気な」という意味の形容詞です。

 

英語でよくある、同じ意味の言葉を繋げるパターンです。

 

「hearty」は他にも「心のこもった」や「親切な」という意味もあります。

 

 

意味と単語の使い方的には「safe and sound」と同じような感じです。

safe and sound の意味と使い方。形容詞「sound」はどういう意味?

 

 

 

聖剣伝説3で英語の勉強

聖剣伝説3 より

My gwandpa asked Heath to go to Astowia to wook into something fow the tempowe, but I got a weawwy weeeawwy bad feewing about it.

 

 

RとL → W

 

tempowe → temple

 

weawwy → really

 

シャルロット語です。

 

日本語版だと「~でち」という話し方をします。

 

それをこのように表現していますが、特定の文字を別な文字に置き換えるのは、訛りのあるキャラクターでよく見られます。

 

 

日本語版も載せておきます。

日本語版 シャルロット

日本語版 シャルロット

 

 

 

 

聖剣伝説3で英語の勉強

聖剣伝説3 より

By a howwible twist of fate, a cweepy-wooking man took Heath away wight when I finawwy found him again! Waaah!

 

 

twist of fate → 運命のいたずら

 

creepy → 不気味な / ぞっとするような

 

take away → 奪う

 

twist」は「ねじれ」です。

twist of fate」で「運命のねじれ」になります。

 

そこから、「by a 〇〇 twist of fate」の形で、「〇〇な運命のいたずらで」という意味になります。

 

ここでは「horrible(恐ろしい)」が入っています。

 

by a strange twist of fate」なら「不思議な運命のいたずらで」になります。

 

 

【日本語版】

日本語版 シャルロット

日本語版シャルロット

 

 

 

 

聖剣伝説3で英語の勉強

聖剣伝説3 より

I'm so glad I consulted with the Priest of light! Now I can hold my head up high when I return to my home country.

 

 

hold one's head up high → 堂々とする

 

hold one's head up high」は「頭を高く上げておく」ところから、「堂々とする」「毅然とする」という意味です。

 

日本語的には「胸を張る」とも言えると思います。

 

誰かに「Hold your head up high」と言った場合、「胸を張りなさい」や「ほら、背筋を伸ばして堂々としていなさい」など、相手を勇気づけたり励ましたりする言葉になります。

 

 

 

聖剣伝説3で英語の勉強

聖剣伝説3 より

I will go if it means saving the brother I lost to those fiends from Nevarl! I can avenge my father…and my fallen kingdom with the Sword of Mana!

 

 

fiend → 悪魔のような人 / 悪魔 / 悪霊

 

avenge → ~の復讐をする / ~の敵を討つ

 

avenge(アベンジ)」と似たような単語に「revenge(リベンジ)」があります。

 

この2つの違いには、

 

avenge → 他者のために行う制裁や正義の下に行われる制裁

revenge → 個人的な恨みによる復讐

 

というニュアンスの違いがあります。

 

家族や友達などが害を与えられた時に自分が復讐する場合は avenge です。

 

このリースのセリフだと、自分ではなく父の敵討ちなので avenge になります。

 

映画「アベンジャーズ」の意味は「正義の名のもとに悪に制裁を下す人たち」になります。

 

 

 

聖剣伝説3で英語の勉強

聖剣伝説3 より

Would that I were able to bear your burden. However, once a faerie finds a host, they are bound to them for their whole life. Only death can part them.

 

 

be bound to (人)」は「(人)と深い繋がりになる(関りになる)」という意味です。

 

ここでは妖精との繋がりを示しています。

 

前回、「be bound to do」が出てきましたが、to の後が動詞か人か で意味が大きく異なります。

 

Part6 動画リンク

 

【英語版】聖剣伝説3で英語の勉強 part5【リメイク版TRIALS of MANA】 - YouTube

 

 [part5]

聖剣伝説3 TRIALS of MANA で英語の勉強 part5

 

 [Part1]

聖剣伝説3 TRIALS of MANA で英語の勉強 part1

 

このコンテンツは株式会社スクウェア・エニックスが権利を有する著作物を利用しています。

当該コンテンツの転載・配布は禁止いたします。

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.