1から英会話力・語彙力UPを目指す

英語をコツコツ鍛錬する英語勉強ブログ

動詞の「venture」の意味

 

ベンチャー企業などのベンチャー。

 

これを動詞で使うと、どういう意味になるのでしょうか。

 

また、アドベンチャーとの関連性は?

 

 

動詞の「venture」

 

「venture」はベンチャー企業や社内ベンチャーなどの「ベンチャー」です。

 

名詞だと「冒険的企て」「冒険的事業」「投機的事業」などを意味します。

 

これを動詞で使うと、

 

他動詞→「思い切って~をやってみる」

自動詞→「危険を冒す」「危険にさらす」

 

などという意味になります。

 

 

ベンチャー企業は「新規事業に取り組む企業」。

 

社内ベンチャーは「独立したベンチャー企業のように、企業内で新規事業や新製品を扱う組織(社内の新規事業部門)」です。

 

「ベンチャービジネス」は和製英語です。

 

 

「venture」と「adventure」の違いと語源

 

「venture」は「adventure」の「ad」が取れた形です。

 

もともと「adventure」で、そこから「venture」が生まれました。

 

 

「ad」は「~へ」という方向を表します。

 

そこから、「adventure」は新しい場所へ行くことや、新しい経験などという「冒険」を表す名詞になります。

 

動詞の「adventure」も「思い切ってやる」という意味がありましたが、今その意味で使う場合は「venture」が一般的です。

 

 

つまり、「venture」の持っている意味は、元々「adventure」が持っていました。

 

その後、「adventure」は「冒険」という意味が残り、

 

派生(分離)した「venture」は、現在の意味でビジネスや経済で使われるようになります。

 

 

「adventure」→「冒険」「わくわくするような経験」

 

「venture」→「思い切ってやる」「冒険的事業」「投機的事業」

 

 

英語版「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

 

「Nothing ventured, nothing gained」

 

 

これは「危険を冒さなければ、何も得られない」という意味です。

 

これが「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と訳されます。

 

英語版「虎穴に入らずんば虎子を得ず」であり、

 

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の訳になります。