「wasn't a」の発音は「ワズナ」。注意すべき「wasn't」の音の変化

※当ブログの記事にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります

 

 

wasn't の発音

 

wasn't」の発音をカタカナで書くと「ワズント」になります。

 

 

しかし、しばしば「t」が省略されるため、会話では「ワズン」と発音されます。

 

 

wasn't a の発音

 

そして、後ろに名詞が続く場合は「wasn't a + 名詞」の形になります。

 

 

この時、発音は「t」が落ちた状態で「a」と繋がります

 

 

その結果、「wasn + a」=「ワズナ」という発音になります。

 

 

 

以上の変化は、特に音が落ちたり変わりがちなアメリカ英語で顕著です。

 

 

逆にイギリスの場合、「t」がよく聞こえる発音になります。

 

 

その結果、読み方をカタカナで書くなら「wasn't a」=「ワズンタ」と、アルファベット通りの発音の方が多くなります。

 

 

wasn't の使い方

 

この「wasn't a + 名詞」は「~じゃなかった」というフレーズでよく使われます。

 

例文

It wasn't a dream.

 

→夢じゃなかった。

 

 

That wasn't a real date.

 

→本当のデートではなかった。

 

 

That wasn't a fair test.

 

→フェアなテストではなかった。

 

 

He wasn't a nice man.

 

→彼は良い人ではなかった。

 

まとめ

 

・「wasn't」の発音は「t」が省略されて「ワズン」になりがち

 

・「wasn't a + 名詞」の発音は「t」が落ちた状態で「a」と繋がり、「ワズナ」になる

 

・以上はアメリカ英語で、イギリス英語では「ワズンタ」の方が多い

 

 

・「wasn't a + 名詞」は「~じゃなかった」というフレーズでよく使われる